乾燥肌なのに皮脂が多いインナードライ・混合肌でシワができやすい時の対処法

美容

乾燥肌と言えば肌が乾燥してカサカサしているといったイメージを持つ人も多いと思いますが、実際には乾燥肌なのに肌が脂っぽい、常に皮脂で肌がテカテカしている乾燥+皮脂=混合肌(インナードライ)が多いんです。

実は乾燥肌というのは表面的なものだけではなく肌内部の乾燥が進行する隠れ乾燥肌というものも存在しており、その典型的な例が肌が皮脂でべたつくという状態になります。

乾燥すると皮脂が大量分泌されてしまう

乾燥肌になると肌の水分量が不足して乾燥し、角質が剥がれて粉を吹いたような状態になるのが一般的ですが、これとは逆にTゾーンなどが皮脂が通常よりも大量に分泌され脂っぽくなるケース(混合肌)もあります。

通常、肌と言うものは細胞内の水分量が適切であれば肌のハリを維持してくれますし角質によるバリア機能も正常に働きます。皮脂に関しても肌の乾燥を守るために一定量だけ分泌されるため、脂っぽくなると言うことはありません。

しかし、肌内部の水分量が著しく低下した場合には、体は肌を乾燥から守るために皮脂の分泌を増やす行動をとり、それが肌が脂っぽい、テカるといった原因となります。

洗顔をし過ぎると逆効果

肌が脂っぽい場合に多くの人がやりがちな間違っているスキンケアとして過度な洗顔があげられます。べたつくからといって、肌を刺激するような過度な洗顔はむしろ皮脂の分泌を増やす原因にもなります。

洗浄力の強い洗顔剤を使うことで隠れ乾燥肌を生み出し、それにより皮脂の分泌が増えている可能性も考えられます。洗顔のやりすぎは顔の表面の皮脂を根こそぎ奪うことになります。

もともと皮脂と言うものは肌から水分が逃げないように保水を行う役割がありますので、それを洗顔によって取り除いてしまうと水分を逃がさないようにしていた膜が無くなってしまうので自分でも気づかないうちに肌の乾燥が進みます。

そうすると皮脂の分泌量が増えて乾燥から肌を守ろうとし、その皮脂をまた洗顔によって取り除くのでまた乾燥が進むという悪循環になります。こうなってしまうと本来の洗顔の意味が無くなってしまい、むしろ洗顔をすればするほど乾燥肌を進行させることに繋がります。

正しい洗顔で皮脂の分泌を抑えましょう

洗顔方法や洗顔料が適切なものであれば、肌の皮脂の分泌を増やさないことにもなりますし、肌の水分量を逃がさないことにも繋がります。

注意しなければいけないのが、洗浄力が強すぎる洗顔料はそれだけで肌の乾燥を招く原因となります。特に女性が使用する化粧落とし用の洗顔料の場合、化粧は油分で出来ているためそれを落とす洗浄力も非常に強くなっています。

その為肌に合わない化粧落としなどを使用していると残すべき皮脂までも根こそぎ落とすことになるため乾燥肌を助長しやすくなります。洗顔料選び一つで肌のテカりを抑えながら適切な皮脂は残すということも可能ですので、自分の肌の状態を確認して正しい洗顔と洗顔料をチョイスしましょう。

お肌を潤す保湿で小じわケアを

顔の汚れをちゃんと落とした後は、すぐに肌水分が蒸発しないように化粧水やオールインワンゲルなどで保湿ケアしてから油分が含まれている乳液やクリームで保護しておきましょう。小じわは大きなしわと違って保湿ケアをしっかりすることで目立たなく、見えなく消すことができます。

はっきりと遠くからでも見えるようなシワになる前に徹底して保湿していきましょう。また、乾燥肌はバリア機能が低下ぎみなので、これが回復するようにセラミドが含まれている化粧品でケアすると早く問題解決できますよ。

タイトルとURLをコピーしました