インナードライのスキンケア方法とおすすめの保湿化粧水

健康

インナードライとは、見た目ではしっとりして見えるのに、肌内部は水分量が不足している状態の肌のことです。水分量が足りていないため、その肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

皮脂は出ているのに肌がつっぱったりするのは、必要な水分量に達していないからです。つまり、インナードライとは乾燥肌によって引き起こされるのです。

インナードライは治せるのでしょうか?インナードライの原因は乾燥なので、保湿を十分に行うと改善されます。

インナードライ肌におすすめの化粧水

ビーグレン トライアルセット


セラミド、コラーゲンを増やす保湿型ビタミンCでしっかり保湿できます。1100円でセレブコスメをお試しできます。肌に合わない場合でも365日返金保証があるので安心です。

セット内容

  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • Cセラム(美容液)
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム

ビーグレン 公式ぺージはこちら

 

ビーグレン ローションの口コミ

楽天市場 化粧水ランキングTOP5

楽天市場での売り上げランキングです。リアルタイムで更新され最新の情報を掲載しています。

インナードライ改善方法とスキンケア

インナードライ対策には保湿スキンケアを念入りにすると良いでしょう。皮脂の分泌が過剰だからといって、保湿成分が少ない化粧品を使うのは逆効果です。

肌を乾燥から守ろうとして、逆に皮脂が多く分泌されてしまうのですが、上で紹介したようなセラミド、ヒアルロン酸、グリセリンなどの保湿成分が多く含まれた保湿化粧水を使うといいでしょう。

もちろん、化粧水後はそのままにせず、乳液やクリームなどで水分の蒸発を防ぐ必要があります。化粧品はアルコールフリーを選ぶようにして、水分が蒸発しにくいものを使ってください。

皮脂が多くても油分は必要!

インナードライとは表面は皮脂で覆われて脂っぽいのに肌の中身は乾燥しているため肌荒れを起こしている状態です。表面はテカリがあるのでついつい油紙で頻繁にふいてしまいます。

油分を少しでも排除するため洗顔も頻繁にしがちですが、それも肌にためには好ましくない行為です。なぜかと言うと表面の油脂を取ってしまうと、もともと感想している肌の水分があっと言う間になくなってしまうからです。

保湿をしないと、肌荒れを起こす原因に

油紙で頻繁に顔をこすり、洗顔も1日に3回以上行うともともと顔の表面にあった油分がなくなってしまいます。Tゾーンなどのテカリが気になってついつい油をふき取ってしまいがちです。

しかし、肌の立場から見るとお肌の乾燥がひどく水分がないので、うるおいを守るために皮脂を分泌するのですが、ふき取られてしまうとお肌を守ることができずに肌トラブルへとつながります。

せっかく体が水分の少なさを敏感に感じ取り防衛手段をとっているたのに、それを洗顔や油取り紙で必要な分まで過剰に取ってしまっているのです。その結果、肌内の残り少ない水分が外気に蒸発することになり、粉をふいたり赤くなるなど、もっとひどい肌荒れを引き起こしてしまいます。

インナードライの肌を改善させるには

顔の表面の油分が必要と言っても、鏡でその油分を確認するたびに不快になり、てかった自分の肌をみて恥ずかしく思ったりします。それを治すためにはインナードライである肌を改善し顔がてからなくても良い肌に改善することが必要です。

改善するためには朝、夜の洗顔の時間に有効なケアをすることが必要となります。朝、夜の洗顔の後に化粧水で肌のキメを整え、乾燥した肌にたっぷりの水分を与えます。

この化粧品を付けるときにゆっくりと肌に浸透させるためそのまま時間をかけて放置する人がいますが、それは間違っています。せっかくたっぷりの化粧水で肌に水分を与えてもそのまま放置すればするほど乾燥してしまうのです。

そのため化粧水をたっぷりまんべなく肌に補給したら、なるべく時間を空けずに油分を含む乳液やクリームで保湿する必要があるのです。

洗顔のあとすばやく化粧水で肌に保水後、時間を空けずにクリームや乳液を使用し保湿ケアするということを洗顔の度に繰り返していれば、肌質は改善されインナードライから脱却することができます。

どういった洗顔フォーム、化粧水や乳液を選ぶ?

インナードライの肌から脱却して肌質を改善っさせるためには洗顔フォーム・クリームと化粧水、乳液、クリームの存在は大きいものとなります。これらのアイテムは自分の肌質にあったものをじっくり選ぶ必要があります。

また季節によっても肌の症状も変わってくるので、季節の変わり目には自分が使用しているものをこのまま使い続けても大丈夫なのか見直すことも大切です。

洗顔の際に使用する洗顔フォーム、洗顔クリームは香りなどで選んでいる人も多いようですが、実は肌の皮脂が洗い流すという、一番無防備な状態で触れるアイテムなので品質がよく肌質にあったものを選ぶ必要があります。

強力すぎる洗浄成分の洗顔フォームなどを使い続ければ、皮脂の少ないことが原因でインナードライ肌・乾燥肌の悪化はもちろんのこと、小じわを作る原因にもなるのです。

化粧水などの基礎化粧品でお気に入りの高保湿シリーズが見つかったら、そのラインの洗顔料を試してみるといいですね。お肌に合っているのできっと満足できる結果になると思いますよ。

 

メイク崩れしやすくなる

インナードライの肌は、口周りが粉をふいたようになり、Tゾーンはテカテカになってしまうということがあります。そのせいでせっかくメイクをしても直ぐに崩れてしまい、メイクが台無しになってしまうのです。

ベースメイクをしっかりとすることで、インナードライによるメイク崩れが少なくなりますよ。まずは保湿スキンケアを重点的にすることで、肌の土台を作ります。メイク下地にはオイルフリーのものを選びましょう。

ファンデーションはパウダーファンデーションよりもリキッドファンデーションやクリームファンデーションの方が、肌の水分の蒸発を防ぐことが出来ます。しかし、あまり厚く塗りすぎると毛穴を塞いでしまいます。毛穴が詰まるとニキビが出来てしまいますので、厚塗りにならないように気を付けてください。

コンシーラーを使うときも、なるべく厚くならないようにしてください。ニキビ用のファンデーションやコンシーラーを使うと良いでしょう。メイクを直すときは、脂取り紙で皮脂を取りすぎないでください。あまり取りすぎると、乾燥を感じて皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

Tゾーンのテカりは一度、乳液で拭き取り、最後メイクし直すと良いでしょう。メイク崩れも乾燥しないように保湿を意識していけば気にならなくなりますよ。

インナードライになる原因とは?

肌色がくすんだり、乾燥小じわができたりと肌トラブルが多くなるインナードライ肌にどうしてなってしまうのかを考えてみましょう。インナードライの原因としてはまず乾燥が挙げられますが、肌が乾燥をすると外からの刺激に対応して皮脂を出すようになっています。

それで肌が潤っていってダメージを軽減するわけですが、その皮脂が外見上にてかてかしていると勘違いしてしまって、それを脂取り紙などで何回も取ってしまったり、あるいは洗顔を大量にしてしまったりすると、本来必要な皮脂がはがれてしまって肌の奥が乾燥しやすくなってしまうのです。

このようにインナードライの原因としては、まず本来なら肌をガードしてくれる皮脂をテカりなどと勘違いしてしまって、ケアをしすぎてしまうのが一番原因だと言われています。こちらはケアのし過ぎがさらにインナードライを促進してしまうという悪循環に陥ってしまうことがあるので、多分に注意が必要になります。

季節要因

暖かい季節では湿度が高く気温も高い夏においては汗が大量に出てしまって、それがテカりなどと勘違いしてしまうことがあるので、こちらも些細なことかもしれませんが原因の一つになります。

このような勘違いは当然前述のような過度のケアに陥ってしまうので、やはり肌の状態をきちんと把握しておくのは大切なのです。また、当然、秋冬に関しては肌の乾燥があり皮脂が分泌されやすくなるため、こちらも勘違いをしてしまうことがあるので注意をしてください。

季節に問わず肌が触れる環境としてはエアコンや冷暖房などによる乾燥もありますが、こちらも肌自体が乾燥をするのでインナードライの原因ともなりますから気を付けるようにしましょう。

ストレス・生活習慣で悪化する

インナードライに限らずとも肌の状態というのはストレスや生活習慣などによって影響を受けやすい部位でもあります。当然肌のインナードライに関してもストレスや生活習慣、食生活の乱れなどに影響をけるため、肌に必要な水分が不足してまった結果としてインナードライが進んでしまうことになります。

当然ですが生活習慣の乱れによって肌ケアをする時間が無くなったり、雑になったりするのは言うまでもなく肌に悪いですし、インナードライにとっても悪影響を及ぼします。

このようにインナードライの原因としては、まずは肌にとって必要な皮脂までも邪魔ものだと勘違いしてしまって取り去るケアをし過ぎてしまうことが挙げられます。そして肌を取り巻く環境やストレスや生活習慣なども原因となるのです。原因を踏まえコツコツと高保湿化粧水などで保湿ケアしていけば改善する日も早くやってくるでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました