オールインワンゲルと美容液を併用するならどっちを先に使う?

オールインワンゲルを使用していますが、しみがあるので少しでも薄くなればと美白美容液を購入しました。オールインワンゲルと美容液はどっちを先につければいいでしょうか?

 

オールインワンゲルは美容液やクリームなどの被膜になる油分も配合されています。油分が肌に塗ってある状態で美容液を付けてもうまく浸透できません。

ですから、美容液とオールインワンゲルを一緒に使う場合は、美容液を先に塗ってからオールインワンゲルを使用するようにしましょう。また、美容液も乾燥した肌には浸透しにくいのです。通常の基礎化粧品ならば、美容液の前に化粧水をつけますがこの浸透力をよくするためです。

洗顔後に肌が乾燥しないうちに美容液を付けるようにしましょう。洗顔をしてから時間があいてしまって肌が乾燥しているなら、少しお水を肌につけてあげるだけで美容液の浸透力がよくなります。

数滴の水を両手になじませてから、肌をこすらないように押し付ける感じでお肌に潤いをあげるといいですよ。美容液の後にオールインワンゲル使う時は時間をあけすにすぐに使うようにしてください。

オールインワンゲルを使用していて足りないという機能や成分を美容液や、美容クリームなどで補うことはできますが、その求める機能や成分を持ち合わせているオールインワン化粧品に変える方が時短でコスパも良いです。

たるみや小じわ、くすみ、乾燥肌の悪化などアンチエイジング効果が欲しいなら、エイジングケアのできるオールインワンを、シミ、そばかす、肝斑を薄く目立たなくしたい美白効果が欲しいなら美白効果があるオールインワン化粧品がおすすめです。

美白効果が欲しいなら美白オールインワン

シミやソバカスを消す、予防するために使用する美白コスメのオススメ成分と言えば、ビタミンCは定番ですが、最近とても美白効果を期待されているのがプラセンタエキス、トラネキサム酸です。

お肌自体を活性化してくれるので、肌のタルミ、しわ、そばかす、くすみ、保湿などあらゆることに効果が出てきます。プラセンタエキスは保湿と美白ケアが同時にできるので、相乗効果があります。トラネキサム酸はしみ、そばかすの原因になるメラニンを作るメラニン色素細胞の活動を抑えることでシミ、肝斑などに効果があります。

また、肌の漂白剤ともいわれるハイドロキノンですが、紫外線に当たると赤く腫れるなど肌トラブルを起こすのですが、肌に吸収された後にハイドロキノンと同じような働きをするのに、副作用がほとんどなく紫外線にも強いので日中でも使えるアルブチンという美白成分があります。

ハイドロキノン様の働きをするのでハイドロキノン誘導体とも呼ばれるアルブチン。このアルブチンを含んだオールインワンゲルもあります。予防ではなく、シミ、そばかすを消したいという場合におすすめです。

⇒ アルブチン、トラネキサム酸配合「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」

肌老化の予防になる習慣、食べ物

高機能な化粧品でスキンケアしてシミを消したい、小じわを防ぐというのはもっともですが、生活習慣や毎日の食事に一工夫するだけでシミやシワができにくい肌を作ることができます。

まず、ビタミンの多い野菜を毎日350gは食べるようにしましょう。美容にいいといわれるリコピンを含んでいるトマトなどの生野菜もいいですが、ブロッコリーやジャガイモは熱に強いビタミンを多く含んでいますから、積極的に食べるようにするといいでしょう。

そして、定番というか当たり前のことですが、シミやそばかすだけでなく、肌を乾燥させシワを作ることにも大きな原因の紫外線カットを忘れない様に、日焼け止め対策をしっかり行いましょう。

肌の再生には睡眠は大切です。体に疲れが残っていては肌もきれいにはなれませんから、ショートスリーパーの場合は別として、1日に7時間はしっかりと睡眠時間を確保したいものです。肌の荒れにつながる喫煙も美肌のため、健康のためにもやめるようにしましょう。タバコはストレス解消にはならず、逆に体はストレスを感じているそうなので美しい肌を作りたい、維持したいなら禁煙は絶対ですよ。

関連記事

インナードライ肌でもオールインワンで大丈夫?

テレビショッピングで人気のオールインワンゲルについて

オールインワンゲルに化粧下地は必要?下地効果あり/なし一覧

オールインワンのもろもろがイヤ!【出ないおすすめオールインワンはこれ】

オールインワンゲルとBBクリームで化粧崩れする場合の予防対策

オールインワンゲルはUVカットできる?