乾燥肌におすすめなオールインワンゲルランキング

毛穴ケア

乾燥肌対策しましょう

乾燥肌の場合は肌トラブルが多く毛穴が開いてたるみが目立ちやすく、小じわも早くからでき始めます。肌が乾燥していて一番最初に気づく変化、肌老化は、毛穴の形で1つ1つ窪んでききてポツポツと影ができ目立ってきます。

>> 乾燥肌、毛穴を改善するオールインワンゲルを見る

このままにしていたら、この毛穴の窪みが涙型毛穴、帯状毛穴になってそれが繋がってシワになるのか・・・と心配になってきますよね。30代、40代とだんだん年齢を重ねると小じわやシミなどできても仕方がないと諦めがちになってしまいますが十分に保湿ケアをすることで肌老化をストップすることができます。

肌の老化が早くから現れる乾燥肌の場合は早くから保湿ケアすることが重要です。正しいスキンケア方法と基礎化粧品を使用して乾燥肌を改善していきましょう。

小じわが目立つ大きな深いシワになる前に、保湿スキンケアを積極的にすれば、しっとり毛穴のないお肌に回復することができるのでがんばっていきましょう。

目次

毛穴ケア、乾燥肌にセラミド配合!オールインワンゲルランキング

以下のオールインワンゲルは表皮にできた肌荒れや水分を蒸発させる隙間を埋めるセラミドを配合し、乾燥肌、敏感肌を改善するのに役立ちます。

 

メディプラスゲル

毛穴ケアにメディプラスゲル

ポンプ式のオールインワンゲル。美肌の湯「玉造り温泉」の温泉水を配合しています。CM、テレビ通販でも人気の商品です。

皮膚科などでも薦められるほどの保湿効果と敏感肌でも使えるお肌に低刺激のやさしい成分だけで作られています。毛穴の引き締めに効果的なビタミンC、保湿、美白成分としてプラセンタエキスも配合されています。月に2000円以下のコスパも人気の秘密!

⇒ メディプラスゲル 公式サイトへ

 

one オールインワンクリーム エモリエントリッチ

肌のハリをアップする注目の美容成分ユーグレナや、肌を活性化させる酵母エキス、プラセンタエキスなどの成分が配合されているオールインワン。年齢肌が気になる方におすすめです。美白も期待できるグリセリルグルコシド、シアバター、甘草エキス、スクワランも贅沢に配合!

⇒ one オールインワンクリーム エモリエントリッチ 公式サイトへ

 

フィトリフト オールインワンジェル

毛穴ケアにもフィトリフト オールインワンジェル

たるみが目立ち始めた方、肌のリフトアップもできるオールインゲルです。フィトリフト オールインワンジェル独自の成分、フィト発酵エキスが配合されており、ヒアルロン酸の6倍の保湿力、コラーゲンの3倍以上の弾力、プラセンタセキスの2倍のハリ感アップという驚異のパワーで美肌効果が期待できるというもの。若い方よりも、30代後半以降の毛穴、たるみ、小じわが気になる方に向いています。

⇒ フィトリフト オールインワンジェル 公式サイトへ

 

乾燥肌と紫外線で肌老化が進む

お肌の一気に老化させてしまう原因に紫外線と乾燥があります。紫外線がお肌によくないことはよく知られていますよね。日焼けするというので嫌われ者の紫外線ですがそれ以上に悪さもしてしまうのです。

日焼け、しみ、そばかすの原因になるのが紫外線B波です。紫外線A波はお肌の潤いなどに関係する大事なコラーゲンを破壊してしまいます。コラーゲンが少なくなることでお肌の乾燥が加速して小じわの原因にもなります。

紫外線は日焼け止めクリーム、UVカットできるファンデーション、BBクリームなどでしっかり防ぎましょう。紫外線を防げば、お肌の乾燥も止めることができそうなものですが、残念ながらお肌が乾燥する原因は紫外線だけではありません。空気がすごく乾燥していたり、冷房、暖房もよくありません。

セラミド保湿で乾燥肌を治す

肌の老化を少しでも遅らせるために生活上で気を付けることは紫外線をできるだけカットする、空気が乾燥しないようにすることの2点があります。もちろん、生活習慣が乱れていては肌の再生やダメージの修復が遅くなりますから睡眠、栄養バランスのとれた食事は必須ですよ。

スキンケアで乾燥肌を改善しようとする場合は、まずは保湿ケア、敏感肌ケアができるセラミドが配合されている基礎化粧品を使用するようにしましょう。基礎化粧品の中でもオールインワンゲルがおすすめです。

オールインワンゲルは保湿ケアをしつつ同時に、肌内部の水分が蒸発しないように保護もしてくれます。この同時にできるというのが重要なポイントなんです。

化粧水を使って美容液、乳液、保湿クリームなどを順に使っていく間に肌の水分が空気中に抜けていってしまいます。オールインワンゲルは1回しか塗布しないので蒸発する暇がありません。

セラミド配合のオールインワンゲルは年齢を問わず、乾燥肌の改善に役立ちます。乾燥肌の悪化バージョン「敏感肌」の肌の炎症やかゆみ、痛みもセラミドを使うことで軽減されます。

⇒ 乾燥肌・毛穴におすすめのオールインワン

30歳以降の乾燥肌悪化には高保湿タイプを

30代、40代になると20代のころよりももっとしっとりできる化粧品を選ぶようにしましょう。これまでと同じものを使っても大丈夫だろうというのは甘いです。それではカサカサお肌へ一直線になってしまいます。

お肌を保湿することで得られるものは以下のようにたくさんあります。

  • 小じわ、シワを防ぐ
  • お肌のクスミを予防、解消する
  • しみ、そばかすができにくくする
  • 大人ニキビの予防
  • ニキビ跡を早く消せる

肌が乾燥することが、シワやニキビができたり、お肌の色がくすんだりという、肌が傷んでくる老化してしまうという原因のすべてといっても過言でないため、保湿をどんどんしてあげるだけで美肌に近づいていくことができます。

簡単な事のように思えますが、本当にお肌をしっとりさせてくれる化粧水やオールインワンゲルは少ないです。CM等見てこれだ!と思って使ってみても、さほど効果が感じられないという事は何度もあるという方が多いのではないでしょうか?

配合成分をしっかりと確認して保湿効果、保水効果の高いセラミドが入っているのを確認してください。コラーゲンやヒアルロン酸ももちろん効果があるのですが、保湿と言ったらセラミドがとても有効な成分なので必須ですよ。⇒セラミド配合オールインワンゲル

セラミド配合の市販オールインワンゲル

セラミドが配合してあっても、配合されている量が少ないと効果が低い場合があります。1000円程度のプチプラオールインワンの場合はどうしても美容成分の割合が少ないことが多いのでそこは考慮して選びましょう。

(misonoさん・27歳) 夏はちょうどよく使っていたのですが秋口くらいに目元や口の周りがかさつく気がしました。荒れるほどではないのでこのゲルの上からワセリンを塗って使っています。
(ゆうさん・24歳) 一度化粧品でかぶれてからはできるだけ無添加を使っています。敏感肌というほどでもないのですがセラミドがいいので使っています。90gと多めの量も、いいですがやはり安いのがいいですね。ケチらずにデコルテまでたくさん使えます。

乾燥肌を悪化させる栄養不足

乾燥肌対策というと保湿ケアばかりに目が行ってしまいますが、肌トラブルを避け美肌を維持するためには食事から得る栄養素も関係してきます。肌細胞が生まれ変わっているのは、摂取している食事の栄養分が使われますが食生活が偏って栄養不足になると肌が乾燥してしまうのです。

>> 乾燥肌を改善するオールインワンゲルを見る

セラミド不足は肌から水分が逃げてしまう原因に

セラミドとは肌の細胞と細胞の間にある脂質の事です。このセラミドは肌の水分が蒸発しないように守るという作用があります。それで、もしセラミドが不足してしまうなら肌の水分を守ることが出来ずに、蒸発してしまいます。その結果乾燥してしまうのです。

それでセラミド配合の化粧水を使用しておられる方も多いでしょう。しかしセラミドは体内からも補うことが出来ます。たとえばこんにゃく、大豆、ホウレンソウ、黒豆、ごぼう、ヒジキにセラミドが含まれています。このように列挙してお分かりのように和食の食材に多くセラミドが含まれています。

現代人の生活では外食やインスタント色が多く日本本来の食材を食べることが減ってきているかもしれません。乾燥肌予防のために和食に切り替えてみるのも一つの方法です。

タンパク質不足はターンオーバーが乱れる

私たちの肌はタンパク質でできています。たんぱく質の摂取が少なくなると正常なターンオーバーを期待できなくなります。そうなるとどのような結果になるでしょうか?

新しい肌に再生していきたいと思っても栄養素が足りていないので、新しい肌を作ることが出来ません。必然的に、古い肌がそのまま残っているわけですが、ターンオーバーをしていかなければならない古い肌は劣化しており潤いを保つことが出来ません。

このことから分かる通り、たんぱく質が不足してしまうと肌が再生されずに乾燥してしまうということが分かります。現代の人は日常的にダイエットを行っていると言われており、お肉などの高カロリーなものを避けてしまう傾向にあります。

しかし、ダイエットでタンパク質を取らないなら肌の素ともなる栄養素を取っていないと言う事になり乾燥肌の原因を作ってしまっていることになると言う事を覚えていましょう。

肌を保護しているビタミンBの不足

ビタミンBは私たちの肌を活性化させたり、肌や粘膜を守る働きがあります。ニキビ予防などにもビタミンBが良いと言われていますが、その理由は肌の再生を促すからです。

もしビタミンBが足りていないなら、肌が再生されず潤いを保てない状態になってしまいます。ではどのように私たちの食生活でビタミンBを摂取することが出来るでしょうか?

ビタミンBは卵、乳製品、ホウレンソウ、レバーなどに含まれています。普段の食生活を気を付けていれば大幅に不足する栄養素ではありませんが、ストレスなどによってビタミンBは消費されてしまいますので、疲れが出ている時にはビタミン剤などに頼って補充するのも良いでしょう。

ビタミンE不足で血行が悪くなり乾燥肌に

乾燥肌の原因として結構不足というのがあります。肌に栄養を届けているのは私たちの血液ですから、血行が悪いと、肌の状態は悪くなってしまいます。

血行が悪くなってしまっている原因の一つとしてビタミンE不足があります。ビタミンEはナッツなどに含まれていますが、普段の生活ではもし意識していないと不足がちになってしまう事でしょう。

アーモンド、ゴマなどにビタミンEは含まれていますので、意識して食後にアーモンドを食べたり、食事にごまをかけれるように食卓に用意したりしてビタミンE不足を補うことが出来るでしょう。そうする事によって乾燥に負けない強い肌を作ることが出来ます。

>> 乾燥肌を改善するオールインワンゲル

慢性的な乾燥肌にはオールインワンゲルがおすすめ

乾燥肌は、多くの女性が悩んでいる肌トラブルです。空気が乾燥する秋冬だけではなく、一年を通して肌の乾燥を感じる場合には、特に注意が必要です。

慢性化した乾燥肌は、そのまま放っておくと、かゆみや湿疹が出てしまったり、肌の老化がどんどん進んでしまう可能性があるのです。適切なケアを行うことで、慢性的な乾燥肌の解消を目指しましょう。

乾燥肌にもタイプがある?!

乾燥肌には2種類あります。ひとつは、秋冬などの空気が乾燥している時期だけに起こる『季節性の乾燥肌』、もうひとつは、さまざまなダメージの積み重ねによって起こる『慢性化した乾燥肌』です。

洗顔したあと、肌がつっぱったり、粉をふいたりしている場合も、軽度の慢性的な乾燥肌と言えます。適切なケアをしないでいると、症状はますます悪化してしまいます。自分はどちらのタイプかしっかりと見極めて、効果のあるケアを実行しましょう。

⇒ 乾燥肌におすすめのオールインワン

なぜ乾燥肌が慢性化するのか?

乾燥肌が慢性化してしまう原因は、主に4つあります。

  • 間違ったスキンケアによるもの。
  • バランスの悪い食生活によるもの。
  • 生活習慣の乱れによるもの。
  • 過度なストレスによるもの。

そもそも肌の角質層には、必要な水分を保持したり、摩擦や紫外線などのダメージから肌を守る働きをする、『バリア機能』が備わっています。この4つのポイントを見直すことで、バリア機能の回復とともに、慢性化してしまった乾燥肌の改善が期待できます。

オールインワンで正しい保湿スキンケア!

慢性化した乾燥肌の原因として、特に多いのが、間違ったスキンケアによるものです。間違ったスキンケアを続けると、肌のバリア機能が低下してしまいます。次の3つの点に注意しましょう。

肌質に合ったスキンケア用品を使う

肌の状態は、日ごとに変化しています。温度や湿度などの外部からの刺激はもちろん、加齢によっても変わっていってしまうのです。長く愛用しているからと言って安心せずに、自分の肌の状態を毎日確認し、肌質に合ったスキンケア用品を選ぶようにしましょう。

摩擦禁止!こすりすぎないこと

洗顔やケアのとき、できるだけ肌をこすらないようにしましょう。顔の皮膚はとても薄いので、少しの刺激がダメージとなります。1つのスキンケア用品でOKのオールインワンゲルは肌に摩擦など負担をかけにくいのでおすすめです。

熱いお湯を肌に当てない

体温より高いお湯で洗顔をすることで、肌の保湿成分まで落としてしまいます。理想の温度は25~30度のぬるま湯です。

正しいスキンケアはとても大切です。しかし、正しいスキンケアを意識するあまり、ストレスになってしまってはまったくの逆効果です。美白のためにスキンケアをするなら、肩の力を抜き、リラックスして行いましょう。またセルフケアで改善が見られない場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。

乾燥肌が悪化する睡眠不足は美肌の敵!

睡眠不足はお肌の大敵と言われ、様々な肌トラブルの原因となります。そして、肌トラブルの一つ、乾燥肌と睡眠も深い関わりがあるのです。これは、睡眠中に行われる肌のターンオーバーが大きく関わってきます。

ターンオーバーは美肌にとって、とても大切なものです。乾燥肌の原因となるターンオーバーと睡眠の関係、肌に潤いを与える良質な睡眠について、どうやって良質な睡眠を取るかというポイントを今回は考えていきたいと思います。

乾燥肌を引き起こすターンオーバーの乱れと睡眠

ターンオーバーとは、肌の細胞が生まれ変わる新陳代謝のことを言います。肌の一番奥にある基底層というところで新しい細胞が生まれ、それが徐々に押し上げられていき、角質細胞となって最後は剥がれ落ちます。このターンオーバーの周期が乱れることで、様々な肌トラブルが起こってしまうのです。

また、肌の保湿にとって重要なセラミドなどの細胞間脂質は、このターンオーバーの過程で生成されます。細胞間脂質は肌の保湿のおよそ80%を担うというもので、肌の角質層に潤いをもたらします。細胞間脂質の不足が、乾燥肌の原因となるのです。

そして、肌のターンオーバーを正常に行うためには、成長ホルモンが必要です。成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、十分な睡眠を取らなければなりません。こういったメカニズムから、睡眠と乾燥肌には密接な関係があると言えるでしょう。

また、睡眠が足りない状態でいると体に大きなストレスがかかってきます。このストレスも乾燥肌を悪化させる原因になります。

>> 乾燥肌を改善するオールインワンゲル

乾燥肌を予防する良質な睡眠には、就寝後3時間が大切

午後10時から午前2時までの時間帯はお肌のゴールデンタイムと言われ、お肌にとって大切な時間として認知されてきました。これは、成長ホルモンがこの時間帯にたくさん出ることが理由となっています。

しかし、最近このゴールデンタイムという時間帯に関係なく、就寝後3時間に成長ホルモンが多く分泌されることが分かってきました。

乾燥肌を予防するためには、就寝後3時間にいかに良質な睡眠がとれるかが大切というわけです。良質な睡眠のためには、寝る前の時間帯に色々気を付けなければならないことがあります。良質な睡眠のための良い生活習慣で、深い眠りを取るよう心がけましょう。

良質な睡眠をとるために心がけることとは?

まず、食事は睡眠にとって重要な要素を占めています。カフェインやアルコールは眠りを浅くしたり、眠りを妨げてしまうので就寝前には控えましょう。

そもそも、就寝前は血糖値が下がっている状態が望ましいので、寝る前2時間は飲食事態控えた方が良質な睡眠が取れます。もし、寝る前に飲食をしてしまった場合は、軽い運動をして血糖値を下げておくといいでしょう。入浴に関しては、寝る前1時間がベストです。

寝る前に1度体を温めて、眠るころに体温が下がった状態にすると、深い眠りを取ることができます。入浴は血糖値を下げる効果もあります。

寝つきを良くするためには、強い光は脳に刺激を与えるので禁物です。就寝前は部屋を暗くして、パソコンや携帯電話などの強い光も目にしないようにご注意ください。

また、ストレスはお肌にも大きく影響しますからリラックスすることが大切です。お気に入りのアロマや音楽などで自分なりのリラックスした状態を作ると、良い睡眠が取れるでしょう。

乾燥肌を引き起こす様々な生活習慣の中でも特に重要な睡眠。良質な睡眠で肌のターンオーバーを正常にして、潤いのある肌をつくっていきましょう。

>> 乾燥肌を改善するオールインワンゲル

食べ物で乾燥肌対策!美肌になる食べ物とは?

乾燥肌の改善にはスキンケアで保湿するというのが基本、定番ですがが、日々の食事でも乾燥肌対策ができます。

乾燥肌は肌質の遺伝ということもありますが、肌にいい影響を与える成分をたくさん摂れればスキンケアだけよりも早く乾燥肌の改善につながります。

お肌がきれいな人は肌にいい栄養がたくさん含まれているものを毎日食べているのかもしれませんよ!?食べ物で乾燥肌を改善する仕組みやおすすめの食品などを見ていきましょう。

乾燥肌改善胃いい食べ物、栄養素

ビタミンA
粘膜や皮膚の水分量を維持する、新陳代謝を活発にする
食品:人参などの緑黄色野菜、ウナギ、青魚、卵、海苔

ビタミンC
肌を支える弾力ある組織に必要なコラーゲンの生成を促す
食品:豚肉、納豆、大豆製品

セラミド
肌の水分をつなぎとめるために必要
食品:大豆、小豆、こんにゃく、わかめ

 

ビタミンA乾燥肌改善

美肌になるといわれる栄養素は各ビタミンやセラミドなどが知られています。特に期待できるものは脂溶性ビタミンのビタミンAで体内で、レチノール、レチナール、レチノイン酸などとして働きます。

体内ではほぼレチノールとして働きますが、この成分は美容成分として化粧品にもよく使われている成分です。シワ、たるみなどに効果が高いとしてレチノールクリームとして販売されてもいます。

また、ビタミンBはダイエットにも不可欠なもので新陳代謝にかかせませんし、ビタミンEは抗酸化作用が強くアンチエイジングに欠かせないものです。アトピー肌の症状にもよいとされ注目されているアマニ油、エゴマ油などオメガ3脂肪酸を含む油をとることも乾燥肌の改善に有効です。

バランスの悪い食事が乾燥肌を悪化させる

毎日の食事から摂取する栄養に偏りがあると代謝に問題が起こったり、円滑に進められないということが出てきます。これはニキビなどの肌荒れも引き起こしますし、お肌を守るバリア機能も停止化しますから乾燥肌や敏感肌になりやすくなります。

また、不足した栄養素によっては腸内環境も悪化します。腸内環境はお肌の調子にも関連が深く、ニキビ、肌荒れの原因になります。便秘、下痢などの場合はこういった症状になったことがある人も多いと思います。

こういった状況ではいくらスキンケアで良いといわれる美容成分配合の高級な化粧品を使ったり、エステに通っても望んだような結果を得ることは難しくなります。お肌の健康に影響する栄養を偏りなく食べるようにしていけば、お肌の元気も取り戻され乾燥肌の改善につながります。

バランスの取れた食事をとりましょうとはいわれても、子供のころなら出されたものを食べるということが常ですから、そのまま大人になれば親の志向が強く残った食事を引き継ぎやすくなります。

自分が乾燥肌だということに自覚がある場合は、改善するために意識してこれらの食品を食べるように心がけましょう。

>> 乾燥肌を改善するオールインワンゲル

日焼けで悪化する乾燥肌を防ぐ

紫外線の強い時期は特に日焼け対策は万全で過ごしていたはずなのに、一日の終わりに肌の火照りを感じてしまった経験はありませんか。日焼け後にやってくるシミやソバカス、そして恐怖の乾燥肌。

メイクで隠しやすいシミやソバカスと異なり、日焼けによる乾燥肌は著しく見た目を損ないます。日焼けをしないことが美肌対策には基本になりますが、「ついうっかり」は誰にでもよくあることですよね。そこで、次回の「ついうっかり」に備えて、日焼け後に必要なケアを心得ておきましょう。万一の時に安心ですよ。

⇒ シミ、そばかすに!美白オールインワンゲルランキング

ダメージケアは、身体の内側にも必要

肌の火照りを感じたら、まずは速やかに冷やすことがダメージケアの第一歩になります。冷たいタオルや場所によっては冷却湿布が便利です。

日焼けは軽度の火傷ですから、油性クリームを塗布する以外に専用の軟膏やオロナインを塗るのもおすすめです。また、患部だけではなく、身体の内側からも潤い補給を行いましょう。

充分な水分摂取が出来ていない状況下での日焼けの場合、脱水症の併発が疑われるので、しっかりと水分を補給しましょう。もちろんお肌にもダメージが大きいです。ミネラルウォーターやお茶でもOKですが、イオン飲料は電解質を含み、脱水症の緩和サポートに最適です。

乾燥肌を防ぐダメージケアの継続

日焼けによる肌細胞のダメージは、水分を保つ機能の損傷に繋がります。日本の夏は湿気が多いからといっても、それでは補えないほどのダメージを受けてしまいます。

強い日差しを浴びてしまうと、あっという間に乾燥肌になってしまうのです。僅かな紫外線でも肌の奥まで攻撃して、肌の弾力を保っている真皮まで到達してしまうからなのです。

この真皮は非常にデリケートなので、ダメージを受けやすく、さらに回復には時間がかかります。しかも、完全に元の状態に戻すのは難しい部分になります。

したがって、ダメージケアは症状の治まりを感じてからも、しばらくは続けるのが後あと後悔しないためのスキンケアのポイントになります。重点的にケアする期間はおよそ3~4週間程度は必要になります。

この間に適切なお肌への乾燥肌ケアが行われれば、肌の生まれ変わるリズムに乗って、正常な肌に戻りやすくなります。

日焼け対策は乾燥肌改善への近道

日焼けをするとシミやそばかすなどの原因にもなりますし、水分の乏しい乾燥した肌質に変わってしまいます。かなり気を使って日焼け止めを使うなどUV対策をしていても海辺やプールなど照り返しの強い場所に長時間いるとどうしても日焼けしてしまいます。

日焼け止めクリーム、ローションなどを使ってもすぐに肌が赤くなってしまうという意見も多いです。日焼け止めは紫外線をカットするもので、日差し=熱は防ぐことができません。

日差しが強いと軽度の火傷状態になり肌が赤くなるのです。ちゃんとした正しい使い方をすれば紫外線はしっかり防げていますから、その後のケアに集中しましょう。

日焼け対策では日焼け止めローションを使用することが一般的ですが、どんな日焼け止めローションを使い、どのような頻度で塗り直す必要があるのかを承知してから使う必要があります。

このポイントを外してしまうと、せっかくの日焼け止めローションも宝の持ち腐れと化してしまうので要注意です。ます、該当商品の説明書を熟読してから使い始めるようにしましょう。

また、太陽光線の熱から火傷してしまうのを防ぐために日焼け止めローションを塗るだけではなく、素肌を日光に当てないことも非常に効果的です。

暑い日でも、つば広の帽子を被ったり、上着を羽織ったりするだけで対策度は何倍にもアップしますよ。日焼けで乾燥しがちになったお肌も紫外線の予防と、その後の保湿ケアで潤いのあるお肌に早く改善させてあげましょう。

>> 乾燥肌を改善するオールインワンゲル

 

内臓の働きが悪いと乾燥肌になってしまうワケ

お肌が乾燥してしまうのは、肌質のせいだとか、生まれつきだから、遺伝に違いないと諦めてしまいがちですが、一見、乾燥肌とは関係のないことが原因になっていることもあります。

その一つに、乾燥肌と内臓の働きが、深い相互関係にあるということがあります。「肌は内臓を映す鏡」と言われるように、肌トラブルの原因が、内臓の機能低下にあることは決して少なくありません。

肌に大きく関係する内臓は、胃・腸・肝臓の3つです。これらの臓器の調子によって、肌もまた調子がよくなったり悪くなったりします。

内臓と便秘と乾燥肌の関係

乾燥肌対策に食事改善も

胃腸の働きが弱まると、必要な栄養素を吸収できなくなり、乾燥や吹き出物などの肌トラブルが起こります。そして多くの女性に起こりがちな、胃腸の機能低下に伴う乾燥肌の原因は便秘です。

便秘になると、不要物が排出されず、有害物質が体内に長く留まることになります。この有害物質が血液に乗って体内を循環します。これが原因でできてしまった吹き出物が、肌に負担をかけ、乾燥肌になってしまうことがあるのです。

便秘には様々な改善策があります。しかし、まずは食物繊維や乳酸菌などで、腸内環境を整えましょう。そして水分の補給を忘れずに、適度な運動を日常に取り入れることが大切です。

美肌をつくる肝臓の働き

体重の約50分の1を占める肝臓は、代謝・解毒・消化など、多くの役割を担っています。肝臓は人間が生きていくために非常に重要な働きをする臓器ですが、実は美肌とも密接な関わりがあります。

肝臓の大きな働きのひとつに、代謝があります。食べ物から摂取した栄養素を蓄えて、必要なときにエネルギーとして使えるようにする働きです。肝臓の機能が低下すると、栄養素を蓄えることができなくなり、身体に行き渡らなくなってしまいます。

これが肌に必要なビタミン不足につながり、肌トラブルを引き起こす原因となります。また肝臓の解毒機能が低下すると、有害物質が血液と共に体内を循環することになり、肌にダメージを与えてしまいます。

こういったことを防ぐためには、何より肝臓に負担をかけない生活を心がけることが大切です。暴飲暴食を避け、適度に運動をして、肝臓の機能を正常に保ちましょう。

また、お肌のためのサプリメントには肝臓の働きをサポートするものも多いので、ビタミンB群などを意識して摂取するようにしましょう。

痒みを伴う肌トラブルは早めの受診を

乾燥肌によって、内臓の病気を早期に発見できることもあります。スキンケアを変えたり、生活習慣を整えたりしても乾燥肌が改善されない場合、また酷い痒みを伴う肌トラブルが続いている場合には、内臓疾患が疑われる可能性があります。

特に、皮膚に強い痒みを感じたときは、自己判断で市販薬を塗ったりするのはとても危険です。早めに内科、もしくは皮膚科を受診しましょう。

乾燥肌は放っておいて良くなることはまずありません。お肌の角質層をちゃんと潤わせてくれる基礎化粧品を使って予防していきましょう。

基礎化粧品の中でもオールインワンゲルはしっかり保湿ケアでき、保湿ケア後にお肌の水分を蒸発しないように防ぐ成分までバランスよく配合されているのでおすすめです。適切なケアを知ることで、美しい肌を手に入れましょう。

メディプラスゲル毛穴

関連記事

美白オールインワンゲルがシミそばかすに効く【シミ消しゲルランキング】

肌荒れ予防、改善方法は保湿ケア【化粧水だけだと乾燥肌小じわの原因に】

治らない乾燥肌にステロイドが効果が高いという噂や口コミ

30代におすすめオールインワンゲル 肌の乾燥対策強化しましょ

乾燥肌と皮脂欠乏性湿疹は間違いやすいカサカサ肌

保湿効果の高いホホバオイルの乾燥肌への効果的な使い方