ワセリンの保湿効果はインナードライ肌にも効果ある?

パーフェクトワン 単品販売促進 - 新日本製薬株式会社

乾燥肌対策には、保湿成分のたっぷりと詰まったコスメを使いたくなりますよね。でも、インナードライを起こしている程の乾燥肌だと、その保湿成分が肌刺激となり、却って肌荒れや乾燥を進行させてしまうのが困りものです。

ワセリンは肌の保護剤として、古くから使われている製品です。手足のひび割れや火傷の時にでも使えるくらいなので、インナードライを起こしているデリケートな肌にも使えるものですが、ワセリンを使うことでインナードライは解消できるのでしょうか。

肌の皮脂不足もインナードライの原因に

肌が乾燥していると言う事は、肌の潤い成分が不足していると思われがちですが、インナードライ肌に必要なのは、肌の水分を閉じ込めるための皮脂なんです。

確かに角質の保湿因子も大事なものなのですが、乾燥肌の方は皮脂の分泌量が少なく、肌に皮脂の膜を張れないために、肌の水分が蒸発してしまうところに大きな原因があるのです。

インナードライになると、肌の水分量を減らさないようにするために、皮脂の過剰分泌が起こるくらいなので、わざわざワセリン=油分で保護する必要はないのではないかと考えがちになります。

しかし、それでも油分を与えることは重要なんです。皮脂の過剰分泌が起こるのは、主にTゾーンですが、皮脂腺の少ない他の部位からは水分がどんどん蒸発を放置してしまいます。このままでは、いつまで経っても肌の水分量は減るばかりです。

油分が足りない部分に皮脂を生成するために、代謝酵素や代謝の為の栄養を使ってしまうのは勿体ないことですから、かさつきがある部分、皮脂でべた付かない部分にはワセリンで肌を保護していくと肌の水分量を減らさずにすみます。

⇒ インナードライ肌に効果的な高保湿オールインワン

ワセリンそのものには肌の保湿効果はない

ワセリンを使用して得られることは、水分の蒸発を防ぐことと、花粉やホコリなどの肌刺激となるものからの保護です。ワセリンそのものには肌に潤いを与える効果はなく、肌が自力で潤うために力を貸してくれるタイプのものになります。

肌に優しい低刺激のオールインワンゲル、化粧水や美容液を使い、しっかりと保湿を行った上で、乾燥のヒドイ部分にワセリンを薄く塗り、水分を閉じ込めるようにしましょう。

ワセリンは厚塗りをしても特別効果が上がる物ではありませんし、たっぷりと使うと逆に肌荒れなどのトラブルにつながりますので薄く塗るようにしてください。

手のひらで温めながら、全体的に薄く塗り広げるようにしましょう。乾燥性敏感肌の方は、ちょっとした肌刺激にも反応してしまいがちですが、ワセリンは低刺激なので安心して使用できます。

ワセリンは石油を精製して作られるものですが、精製を重ねる事で純度が上がり、肌刺激となる不純物が除去されているため、肌に刺激を与える事もほとんどありません。

石油が原料と言われると、肌に悪そうに感じてしまいがちですが、不純物が取り除かれているため、人体への悪影響も副作用もない、安全性の高いものなのです。

インナードライ対策にワセリンを使う際の注意点は?

ワセリンは水分の蒸発を防ぐとことがメインですので、通常のスキンケアの後に、なるべく早く、薄く塗る事がポイントです。一口にワセリンと言っても、黄色ワセリンと白色ワセリンが存在します。

黄色ワセリンは白色ワセリンよりも純度が低く、肌刺激に弱いインナードライ肌のかたには不向きです。純度の低いワセリンは、その不純物の影響で酸化もしやすく、日光にあたると油焼けを起こす恐れもあります。使うのなら精製回数が多く、不純物の少ない白色ワセリンを選ぶようにしましょう。

インナードライを何とかしたいと思い、良さそうだと思えるコスメを渡り歩いてきたけど、なかなか肌に合うものに出会えずに居るかたにも、ワセリンはお勧めな保護剤です。

ワセリンはどこの薬局・ドラッグストアにも売られているものですし、何百円から販売されており非常に安価という面でも使いやすい化粧品です。

メディプラスゲル毛穴

関連記事

正しい肌のお手入れ【年代別のスキンケア方法】

日本人は敏感肌が多いってホント?

セラミドの保湿効果・働きと配合オールインワンゲル

EGFの美肌効果・働きと敏感肌に使用するときの注意点

プラセンタ配合のオールインワンゲル【おすすめはコレ】

たるんだ毛穴、黒ずんだ毛穴をオールインワンゲルで完璧ケアする方法