インナードライに似ている混合肌、脂性肌。その違い、見分け方とは?

乾燥肌になってしまうと肌本来のバリア機能の低下やターンオーバーの乱れなどにより肌の老化や劣化が著しく進行してしまいます。

その為目に見える乾燥肌の場合はスキンケアを徹底的に行うという人もいると思いますが、注意しなければいけないのはインナードライと呼ばれる隠れ乾燥肌の場合です。

インナードライの場合、脂性肌だと勘違いしてしまうケースも多く、知らない内にどんどん肌の乾燥が進行してしまうケースもあります。

⇒ ワセリンの保湿効果はインナードライ肌にも効果ある?

混合肌、脂性肌の基準とインナードライ肌の比較

インナードライになってしまう人の場合、自分の肌が脂性肌だと勘違いしていたり、普通肌と脂肌の混合肌だと勘違いしているケースが非常に多いのです。

⇒ 混合肌の改善にオールインワンゲル!肌乾燥、過剰な皮脂対策に

特に肌の表面に脂が浮き出てしまう脂性肌の場合は、自分がインナードライによって脂が浮き出ているのを、単なる脂性肌だと勘違いしてどんどん脂をふき取ってしまう可能性が高くなります。

実は隠れ乾燥肌であるインナードライと脂性肌の混合肌というものも存在しており、その場合は内部は乾燥してカラカラなのに表面はテカテカしていて脂っぽいという状態になっています。

その為インナードライをしっかりと理解することが必要ですし、混合肌には様々な種類がありそれぞれに違いがあることを把握することが重要になります。

インナードライになりやすい人と現れる症状とは?

インナードライは肌の内部が乾燥している状態ですので、見た目には肌の乾燥が一切分からない非常に厄介な乾燥肌のタイプです。

このインナードライになりやすい人の特徴としては、頻繁に肌の脂分をふき取っている人や、洗浄力の強い洗顔料を使用している人はインナードライになりやすいとされています。

なぜなら必要以上に肌表面の皮脂をふき取っている場合、本来、お肌に必要である脂分まで根こそぎ排除してしまうことになり、皮脂によって進行が食い止められていた乾燥が、皮脂が無くなった事であっという間に進んでしまい、肌内部の水分がどんどん抜けていくからです。

肌は水分の蒸発を食い止めようと、さらに皮脂を分泌しますので、内部はカラカラなのに表面はテカテカという状態が作り上げられてしまうことになります。

洗浄力の強すぎる洗顔料を使うのも、お肌に必要な油分までも取り除いてしまうため、インナードライになりやすくなってしまう原因ですから注意しましょう。

⇒ 保湿効果バツグン!乾燥肌に処方されるヒルドイド

インナードライの予防、改善対策

インナードライを食い止めるためには必要以上に皮脂を取り除かないということが最も重要になります。洗顔に関しては上記でも書いたように多すぎる洗顔の回数や強すぎる洗顔料はインナードライを助長する原因となりますので、出来るだけ洗顔の回数を減らし、洗浄力の弱いお肌に優しい洗顔料に変えることも必要となります。

もちろんお肌が乾燥しないように保湿スキンケアをしっかり行い、水分補給と保護を行うことと、水をしっかりと飲んで体の内部からも水分が不足しないようにすることもインナードライ対策には必要となります。

インナードライ肌にビタミンC誘導体やビタミンCが効果的

肌の表面はべたつくのに、肌の内部は乾燥してしまうインナードライ肌は、普段のスキンケアにも気をつけなければなりません。そんなインナードライ肌の方にも試す価値のあるスキンケア用品が、ビタミンCが配合された化粧水や美容液です。

ビタミンCは、アンチエイジングや美肌効果でも有名な成分として、美容に気を付けている方は食生活にも取り入れていらっしゃるのではないでしょうか。

ビタミンCは壊れやすい成分のため、調理の時にも気を配りますが、スキンケア用品としても肌に浸透する前に壊れてしまうものでした。そんなビタミンCを肌に浸透しやすくしたのが、ビタミンC誘導体です。

⇒ビタミンC配合オールインワンゲル

肌トラブルの多いインナードライ肌対策に適したビタミンC

インナードライ肌の方は、内部は乾燥しているのに、皮脂が過剰に分泌された状態のため、肌トラブルを起こしやすい状態となっています。例えば、皮膚の乾燥のストレスや、毛穴の開きに過剰に分泌された皮脂が詰まることが原因で、大人ニキビもできやすくなってしまうのです。

ビタミンC誘導体は、皮脂をコントロールする働きがあり、過剰な皮脂の分泌を抑え、毛穴も引き締めてくれます。また、抗炎症作用もあり、ニキビや肌荒れの改善へと導いてくれます。

そして、コラーゲンの生成を助けてくれる働きがあるので、インナードライ肌で起こりやすい、しわやたるみの肌トラブルにも効果が期待できるのです。

インナードライ肌は、肌本来の力を高めることが大切

ビタミンC誘導体は、非常に強い抗酸化作用を持っています。そのため、肌の老化の原因である活性酸素を除去し、年齢と共に低下していく肌本来の力を取り戻します。

また、新陳代謝を促す作用があり、肌のターンオーバーが乱れて内部が乾燥してしまったインナードライ肌を根本から改善してくれるのです。

インナードライ肌は、ターンオーバーが乱れて、肌のバリア機能が正常に機能してくれません。そのため、ターンオーバーを整えて肌本来の肌を守るバリア機能を高めていくことが大切なのです。

ビタミンC誘導体には、保湿力に優れたスキンケアをプラス

ビタミンC誘導体には、皮脂の分泌を抑える力があるため、肌表面の皮脂をとりすぎてしまう可能性があります。インナードライ肌は肌表面のべたつきがあるため、皮脂をとりすぎてしまいがちですが、内部が乾燥した状態で皮脂をとりすぎると、肌を守るためにさらに過剰に皮脂を分泌してしまうのです。

そのため、インナードライ肌の対策として、肌の水分量をアップさせるオールインワンゲルや化粧水などでの保湿ケアが大切となります。インナードライ肌の方の保湿ケアには、肌の水分を抱え込んで離さないセラミドが有効です。

ビタミンC誘導体で肌トラブルを改善し、肌本来の力を高めながら、保湿もしっかりと行ってインナードライ肌を改善していきましょう。

メディプラスゲル毛穴

関連記事

大人ニキビをできにくくする、早く治すためのスキンケア

EGFの美肌効果・働きと敏感肌に使用するときの注意点

口元の小じわ対策におすすめの化粧品

セラミドの保湿効果・働きと配合オールインワンゲル

乾燥肌には温泉がおすすめ!温泉水コスメも効果的です

日本人は敏感肌が多いってホント?