洗顔後に肌がつっぱるのはインナードライ肌のサイン!

肌表面に皮脂は出るのに、実は肌の水分が足りていないという「インナードライ」。自分がインナードライであることに気がつかないまま、ニキビや肌のくすみなどの肌トラブルを抱えたままの女性はとても多いのです。

お肌がつっぱるのはインナードライ肌のサイン

「ドライ」=乾燥肌というと、「洗顔後に肌がつっぱる」「皮むけしてしまう」「目尻にシワがでる」などのサインで肌状態を判断します。しかし、インナードライの肌は、肌の表面そのものは乾燥していないため、気がつくのに遅れてしまうのです。

それどころか、肌の水分が足りないために「もっと潤さないと」とお肌が皮脂を過剰に分泌してしまいます。それを「皮脂肌でテカテカだから、もっと皮脂を取るケアをしなくては」と、さらに油分を取り去るケアに注力してしまいがちです。

しかも、皮脂が出るから洗浄力の高い洗顔フォームを使うなどして、水分が蒸発しやすい間違ったスキンケアを続けてインナードライが悪化する、なんていうことも多いのです。

インナードライを進行させていませんか?

肌は水分量と油分量のバランスが大切です。しかし私たちの自己診断ではなかなかそれはわかりませんし、水分と油分、どちらが足りていないのか、なかなかそれも判断ができませんね。

皮脂がよく出るから・・・と「高保湿」「もっちり」と書かれたスキンケアアイテムは油分たっぷりというイメージで使うのが怖くて、つい「さっぱり」「皮脂肌用」と書かれたアイテムを使ってしまう方も多いでしょう。

また逆に、皮脂を取るためにせっせとオイルクレンジング、さらに皮脂を吸着する成分が入った洗顔料を使って、ちょっと肌がつっぱるけどもともと脂性肌だし、これぐらい大丈夫!と使い続けてしまうという場合も。

この両方ともがインナードライ肌を悪化させている原因になりますし、保湿スキンケアで補ってもダメージをなかったことにはできないほど肌を傷めつける洗顔方法なのですぐにこういったことは止めましょう。

肌がつっぱるのを予防改善するケアを

インナードライにはまず、肌の水分量が大切です。高価な美容液やクリームで保湿ケアするよりも、まずはオールインワンゲルや化粧水でお肌に水分を与えることが先決です。油分が多い基礎化粧品を使うよりも保水効果のあるセラミド配合のものを使うなど保水をするほうが効果的です。

⇒ 乾燥肌、毛穴ケアにおすすめなオールインワンゲル・ランキング

また「オイルカット」を謳っているスキンケアブランドも多くあるので、その中から自分が使いやすいオールインワンゲルや化粧水を選びましょう。水分を与えてから油分の入った保湿クリームなどで水分の蒸発を予防してください。

またシートパックも効果的です。こちらも保湿目的のものを選びましょう。ただシートパックも使い方を間違えると逆効果、水分を奪う可能性もあります。もったいないからと指定時間を超えた使用はやめましょう。

シートパックに効果的な使い方は、入浴中に化粧落とし、洗顔をして、風呂場から出る前にシートパックを貼ることです。肌がつっぱってきたからと風呂場から出て、慌ててパックをするのではなく、風呂場から出る前に肌に乗せてしまいましょう。洗顔後時間を置かずに肌に乗せることで、乾燥を防ぐことができます。

繰り返すニキビ、肌のくすみも、もしかしたらインナードライが原因かもしれません。お肌がつっぱることが多くなったという時には、皮脂が多く出ていても保湿スキンケアをしっかりと行うように。

インナードライ肌の洗顔で気を付けるべき点は?

お手入れには気を付けているのにいつもテカッてしまう、皮脂が出ている感じはするのになんだかつっぱる、化粧乗りが悪くてすぐに崩れる、べとついたり乾燥したり肌の状態が安定しない…。

そんなお肌の悩みはありませんか。心当たりがある人は、インナードライ肌になっているかもしれません。様々な肌トラブルのもとになるインナードライ肌。

それってどんなものでしょう?解決策はあるのでしょうか?

インナードライって?

インナードライは、直訳すると「内側の乾燥」。その名の通り、肌の表面は皮脂が分泌されてうるおっているように見えても、内側は水分が不足して乾燥している状態のことです。

不足している水分を補うために過剰に皮脂が分泌されるので、自分の肌がインナードライになっていることに気付かず、脂性肌混合肌と勘違いしてしまいがちです。

角質層が水分を十分キープすることができないため、肌のバリア機能が低下し、刺激に敏感になって肌荒れを起こしたり、過剰な皮脂でニキビや毛穴の開きができたりといろいろな肌トラブルを起こします。

十分にケアしているつもりでも改善されないお肌の悩みがある方は、インナードライを疑ってみてはどうでしょうか。

間違った洗顔していませんか?

紫外線やエアコンでの乾燥、ストレス、肌に合っていない化粧品など様々な原因で引き起こされるインナードライですが、間違った洗顔方法も引き金になります。

インナードライに気付いていない場合、過皮脂を落とすためにさっぱりとした洗顔料で朝と夜しっかりと洗っていることも多いでしょう。

ですが、皮脂を落とすことに重きを置いたハードな洗顔を続けると、必要なうるおいまで奪われて、さらにインナードライを進行させてしまいます。

どんな洗顔をすればいい?

まず最重要なのは、とにかくたっぷりの泡で洗顔することです。手を裏返しても落ちないくらいのメレンゲのような泡が理想です。泡をのせる順番にも気を付けましょう。皮膚のうすい目の周りや頬からではなく、Tゾーンからのせるようにします。

肌が敏感になっている場合は、手でこすらずにこのまま泡をのせてパックしただけで流すのも有効です。洗う場合には手で肌をこするのではなく、泡を動かして泡で肌を撫でるように気をつけましょう。ぬるま湯ですすぐと肌に負担がかかりにくくなります。

そしてできれば朝は洗顔料を使わずにぬるま湯だけで洗います。どうしても洗顔料を使いたい場合は、泡をのせるだけにして、とにかくうるおいを奪いすぎないようにしましょう。

洗顔料選びで改善できる

通常インナードライの対策としては、肌の汚れを落とす成分である合成界面活性剤が入っていないものを選ぶことが基本です。スクラブ入りの洗顔料は肌の表面を傷つけてしまうのでおすすめできません。

しかし、実際にはあまりに皮脂を奪いすぎないことだけに重点をおいてしまうと、毛穴の汚れが落とせずに角栓ができ、それがニキビになってしまう人もいるでしょう。

大事なのは、汚れは落としつつも皮脂を奪いすぎないことです。しっかりした泡立ちで汚れを落とすことができ、かつ少ない刺激で洗える洗顔料を選びましょう。

インナードライは見かけでは脂性肌や混合肌と見分けがつきません。間違ったケアで悪循環になっていることもあります。自己判断するのは難しいのですがセラミドを含んでいるオールインワンゲルや化粧水などで保湿ケアをすることで改善していくことができます。

メディプラスゲル毛穴

関連記事

ツボを押して乾燥肌を改善させる方法

乾燥肌でニキビができる人向けにもオールインワンゲル

ひどすぎる乾燥肌はノーファンデで肌改善するかも

乾燥肌対策!秋冬のスキンケアの方法とおすすめオールインワン

インナードライに似ている混合肌、脂性肌。その違い、見分け方とは?

乾燥肌に効果がある精油・アロマ