隠れ乾燥肌なインナードライになってしまう原因と対策

「インナードライ」という言葉をご存じでしょうか?インナードライとは、一生懸命スキンケアをしているのに、肌の水分量が極端に少なく、皮脂が過剰分泌されて肌がテカテカになってしまっている肌のことです。

インナードライの原因は主にお肌の乾燥にあります。乾燥した肌を守ろうとして、皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。水分量が足りていないのに肌がテカテカになってしまうのはそういう原因なのです。

インナードライで起こる肌トラブル

インナードライは様々な肌トラブルを引き起こします。水分量が少ない肌は肌のバリア機能が低下してしまい、赤みが出てしまったりカサカサになって粉をふくことがあります。

皮脂も過剰に分泌されますので、ニキビなどの吹き出物が出来やすくなってしまうのです。ファンデーションののりが悪くてメイクが失敗してしまうなど、見た目にも大きく関係してきます。

水分量が少ない肌は、シワが出来やすくなってしまいます。目元にちりめんシワが出来て老けた印象になってしまいますので、女性には大敵と言える肌です。インナードライ状態を放置してしまうと、メイクで隠しきれない深いシワが刻まれてしまうかもしれません。

インナードライの対策

インナードライは、肌の水分量と皮脂量を安定させる必要があります。皮脂量が多いからといって、何回も洗顔するとかえって肌が乾燥してしまいます。

乾燥すれば、皮脂が当然分泌されてしまいます。皮脂のバランスを整えるためにも、朝晩2回の洗顔で十分です。洗顔フォームも、脱脂力の強いものは避けてください。

クレンジングはオイルタイプのものだと、メイクと一緒に皮脂を落とし過ぎてしまいます。脱脂力が程よいミルクタイプやクリームタイプのクレンジングで落としてください。

メイクの崩れを直すために脂取り紙を使い過ぎるのも止めましょう。皮脂を取りすぎてしまうと、肌の乾燥を防ごうとして余計に皮脂が分泌されてしまいます。皮脂は体に必要なものですから、取りすぎてはいけないのです。

肌がテカテカになってしまうからといって、化粧水だけのスキンケアは乾燥を招きます。乳液やクリームを順番どおりに使い、化粧水の水分が蒸発しないように蓋をしましょう。

こうすることで肌の水分が維持出来るようになり、乾燥から肌を守れるのです。スキンケアを見直していくことで、インナードライを改善していきましょう。

セラミド配合化粧品でインナードライを解消

セラミド配合化粧品でインナードライを解消しましょう

毎日の洗顔はバッチリだし、脂性肌用のさっぱりコスメを使っているのに浮いて来る顔の脂に、これ以上どんなケアをすれば良いのか分からずに居るという方も多いのでは?自分の肌質を見極めるのは難しいものなんですよね。

化粧崩れを起こす程の脂浮きがあるから脂性肌、TゾーンやUゾーンにテカリが出るから混合肌だと思っている方も居るようですが、脂浮きは肌の奥まで乾燥しているインナードライによるもので、実は乾燥肌だったなんてことがよくあります。

乾燥肌方はセラミドの量が少なく、間違えた洗顔やスキンケアを行うと、少ないセラミドが更に減ってしまい、インナードライを起こしやすくなってしまいますので、肌質の見極めは慎重に行いたいものですね。

⇒ セラミド配合オールインワンゲル

油が浮くのにインナー「ドライ」ってどういうこと?

インナードライは乾き過ぎた肌が身を守るために、皮脂の過剰分泌を行っている状態なので、一見すると脂性肌や混合肌と区別する事ができません。

表皮だけが乾燥している場合は、お肌の乾きが激しいので乾燥肌だと分かり易いのですが、角質層まで乾燥が進んでしまうと、これ以上乾燥させないようにと、肌に皮脂で膜を張り、水分が奪われるのを防ごうとするんですよ。

皮脂腺の多いTゾーンはそれだけ皮脂の分泌量も多くなり、他は乾いているのに部分的に脂浮きが出るため、混合肌と間違いやすくなってしまいます。

脂浮きの原因はどれ?お肌チェック!

脂性肌や混合肌だと思い、オイリー用コスメを使っていたのでは、いつまで経っても脂浮きは解消されません。自分がオイリーなのかインナードライを起こす程の乾燥肌なのかを知りたいですよね。

実は確認する手段もちゃんとあるんですよ。スキンケアは洗顔後の時間との戦いと言われていますが、インナードライチェックをする為には、顔を洗ってタオルで水気を拭った後、スキンケアをせずに10~15分程放置してみましょう。

乾燥肌
顔につっぱり感があり、まったく脂浮きのない肌の場合

混合肌
顔につっぱり感があるけれど、TゾーンやUゾーンなどに脂浮きがある

脂性肌
顔につっぱり感がなく、しっとりとしていたり、脂浮きが始まっている

洗顔後に肌がつっぱるかどうかと確認するのが一番簡単なチェックポイントです。自分のお肌をしっかり見極めてスキンケアすることで、シワやシミなどにも効果的なケアができるので役立ちますよ。

インナードライを解消する方法

セラミドは大変デリケートな成分で、入浴や洗顔だけでも水に溶けて流れ出してしまいます。脂浮きが激しいからといって、洗浄力の強い洗顔料を使用したり、1日に何度も洗顔をするのは止めましょう。

マイルドな洗浄力の洗顔石けんや純石けんを使うか、石けんそのものを使わない水洗顔を行い、皮脂や潤い成分のセラミドを落とし過ぎないように注意しましょう。

セラミドや疑似セラミド、ヒト型セラミドの配合されたコスメを使い、しっかりしたと保湿ケアを心掛けましょう。食品からセラミドを摂取することも可能ですが、含有量の多い生芋こんにゃく以外ではあまり効果が期待できませんので、サプリを使ってみるのも良いかも知れませんね。

自分の肌質をしっかりと見極め、正しいスキンケアを行い、トラブル知らずのお肌を手に入れましょう。

インナードライ肌でニキビが酷い時のスキンケアは?

インナードライ肌でニキビが酷い時のスキンケアは?

努力しているのに報われないと、本当に辛いですよね。ニキビケア用の洗顔料やスキンケアアイテムを使っても減らないニキビは、そのケア方法が間違っているからです。肌に脂浮きがあり、ニキビが出来やすいと、どうしても洗顔を頑張り過ぎてしまったり、脂性肌用のコスメを使いたくなってしまいますよね。

でも、ニキビの原因がインナードライによるものだと、そのケア方法ではニキビを治す事は出来ません。脂を落とすケアから残すケアから、水分を補うケアに変えてみませんか?

間違いやすいインナードライと脂性肌

化粧崩れを起こす程の脂浮きがあったり、ニキビの多い肌だと、自分は脂性肌なんだと思ってしまいがちですよね。

⇒ 乾燥肌と皮脂欠乏性湿疹は間違いやすいカサカサ肌

脂浮きを抑えてニキビ予防をしようとすると、洗浄力が強く、殺菌成分の含まれる洗顔料を使用し、サッパリタイプのコスメを使いたくなるものですが、肌トラブルの原因がインナードライにある場合は逆効果になってしまいます。

インナードライは乾燥肌です。肌の水分量が不足していると、紫外線やホコリなどの刺激を受けやすく、体は自分の身を守るために、肌刺激軽減のためのクッションと、水分蒸発を防ぐ膜の役割を持つ、皮脂の分泌量を増やします。

インナードライと脂性肌の見極め方は簡単です。洗顔後のスキンケアを10~15分ほど待ってみてください。タオルドライの後に突っ張り感もなく、10~15分後には脂浮きが始まっているようなら脂性肌です。突っ張り感が出て脂浮きが始まっていないようなら乾燥肌です。

インナードライでニキビが出来やすいわけ

インナードライは乾燥肌です。乾いた肌はターンオーバーを乱して皮膚を厚くしてしまい、毛穴詰まりからニキビが出来やすくなります。皮脂はニキビの原因菌の大好物です。

ニキビの原因菌は嫌気性菌、つまり空気を嫌う細菌です。毛穴が詰まりやすく、皮脂の過剰分泌が起こっている肌は、ニキビの原因菌の繁殖しやすい環境が整っていることになりますね。肌が乾燥していると、乱れた肌理の隙間から、紫外線やホコリなどの刺激を受けやすくなります。

インナードライのニキビが炎症を起こすタイプの赤ニキビに発展しやすいのは、肌刺激に弱くなっているからです。脂性肌だと勘違いをしてしまい、間違ったスキンケアを続けている限り、インナードライを解消することはできません。その結果、いつまで経っても、ニキビが治らなくなってしまうんですよ。

アラントインの効果・副作用、ニキビ対策になる配合オールインワンも

インナートライを卒業するために出来る事

インナードライは乾燥肌なので、しっかりとした保湿ケアが何より大事です。保湿成分として有名な、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンは、肌の表面に潤いを与える作用はありますが、インナードライの原因となる角質層までは届きません。

できれば角質層の水分量を増やす効果のある、アミノ酸やセラミド、乳酸ナトリウムなどの配合されている化粧水やオールインワンゲルを選びましょう。乾燥肌のかたは肌の潤いを保つ成分の細胞間脂質(セラミド)が不足している場合がほとんどです。

生活習慣病の予防や美肌作用のあることで有名なリノール酸は、不足するとセラミドの生成量が減ってしまう成分ですが、過剰摂取をしてもセラミドの生成量が減るため、リノール酸の摂取量には注意しましょう。

お肌がべたついて脂浮きがあるからと言って脂性肌とは限りません。正しい保湿ケアを行い、インナードライを改善して、しつこいニキビから解放されましょう。

インナードライ肌を改善するための食事、栄養素

インナードライ肌を改善するための食事、栄養素

インナードライ肌を改善するには、まず、毎日の食事を見直すことが必要です。それでは、どのような食事が、インナードライ改善には有効なのでしょうか。

インナードライ肌チェック!

  • 大人ニキビがしょっちゅうできる。
  • 毛穴が開き、黒ずんでいる。
  • 顔全体が皮脂でてかっているのに、かさつきを感じる。
  • メイクの乗りが悪い。
  • 肌の状態が安定していない。

これらはすべて、インナードライによる症状の可能性があります。インナードライによる肌トラブルを抱えている女性は多く、現在では80%以上の女性が、実はインナードライ肌なのではないかと考えられています。

インナードライの原因の多くはすばり、肌の乾燥です。お肌は乾燥すると、紫外線や摩擦など、外側からの刺激に弱くなります。そうなると肌は、肌自身を保護するため、皮脂をどんどん分泌します。

このとき、洗顔のしすぎや皮脂を過剰に拭き取るなど、間違ったスキンケアをしてしまうことが原因となって、インナードライ肌になってしまうのです。

しかも、そのまま間違ったケアを続けると、インナードライはどんどん悪化していきます。ここで重要なのが、肌本来が持っている、バリア機能を正常化することです。

バリア機能を正常化するためには、何よりもバランスのとれた食事が必要不可欠です。健康な内臓が、美しい肌をつくるのです。また、水分補給もとても大切です。一日2リットルの水分を、常温で摂取することが理想と言われています。

インナードライ改善の強い味方、セラミドを増やす食事とは?

保湿成分のチャンピオンと言われているセラミドは、インナードライ改善の強い味方です。これは、セラミドには水分を『保持する』働きがあるためです。セラミドの保湿効果・働き

セラミドは、もともと体内でつくり出すことのできる成分です。そのため、サプリメントや、セラミドの材料となる食べ物を摂取することで、体内での生成を増やすことが可能です。セラミドが多く含まれているのは、『黒い食べ物』と言われています。こんにゃく、小豆、ひじきなどです。特に豊富に含まれているのはこんにゃくです。

体内でのセラミドが不足することにより、インナードライになる場合もありますので、黒い食べ物を積極的にとるようにしましょう。潤いに満ちた健康な肌を維持するためには、バランスのとれた食事だけではなく、良質な睡眠、適度な運動も必要です。

もちろんストレスも、インナードライの原因になりますので、意識的にリラックスする時間を増やすことで、肌のバリア機能、ターンオーバーを正常化させましょう。

メディプラスゲル毛穴

関連記事

気になる顔のたるみの原因、引き締め化粧品でリフトアップ

肌荒れ予防、改善方法は保湿ケア【化粧水だけだと乾燥肌小じわの原因に】

大人ニキビをできにくくする、早く治すためのスキンケア

ワセリンの保湿効果はインナードライ肌にも効果ある?

乾燥肌には温泉がおすすめ!温泉水コスメも効果的です

毛穴の黒ずみ、角栓の除去・予防方法【毛穴エイジングケアと保湿】