乾燥肌を悪化させない!肌質改善におすすめの基礎化粧品と保湿ケアについて

乾燥肌対策

20代の後半くらいになると早い人ではおでこなどに薄く横小じわができたり、頬にも小じわが出現してきます。35歳くらいでは多くの人が目尻の小じわ、ほうれい線が深くなると実感することになるんです。

この小じわを引き起こす大きな原因は、肌の乾燥(乾燥肌)と紫外線です。紫外線とお肌の乾燥はシミ、シワだけでなく、毛穴の開き、顔のたるみにもよくありません。

お肌につや、ハリがある状態はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など肌の真皮を構成する成分がお肌に十分に存在している証拠ですが、これらが足りなくなってくると肌に老化が顕著に表れてきます。

紫外線ケアをすることはもちろんですが、ここでは乾燥肌を悪化させない、改善をサポートしてくれる基礎化粧品について考えてみたいと思います。

乾燥肌に改善におすすめな基礎化粧品

お肌の乾燥が続いてくると、小じわになる前に、肌がたるみがでてきたり、毛穴が開くなどがおこります。この肌老化のサインが出る前に、保湿力の高い化粧品を使うようにしましょう。美肌にはまず予防が大切だからです。

保湿力のある化粧水でもOKですが肌が乾燥しないように化粧水の後には乳液やクリーム、美容液を必ず使う必要があります。いくつも基礎化粧品を使うのは時間もコスパ効率もよくありません。そこでおすすめなのがオールインワンゲルです。

オールインワンゲルなら化粧水と乳液、クリーム、美容液が一緒になっているので、水分と油分のバランスがよく肌に負担をかけずに保湿効果を得ることができます。

⇒ 保湿効果が高いオールインワンゲルの一覧はこちら

乾燥肌には保湿ケアが一番重要ですが、保湿化粧水、保湿オールインワンと明記されていても、含まれている保湿成分によって、その化粧品の持つ保湿力、保水力は変わってきます。

保湿ケアに必要な成分

セラミド
乾燥肌の場合に特に使いたい成分がセラミドです。肌が刺激から自身を守る防御力をアップさせてくれるので敏感肌の改善にも有効な成分です。外からの刺激からお肌を守るバリア機能をアップし、肌が乾燥しないように保水、保湿する働きがあります。超乾燥肌、敏感肌、アトピー性皮膚炎の場合は、このセラミドが少なくなっているそうです。

ヒアルロン酸
皮膚の一番奥にある真皮という層にあります。ヒアルロン酸はたった1gで何リットルもの水分を保水することができます。肌のはりや潤い、みずみずしさに関連しています。

他にも直接では間接的な働きから、保湿や保水に役立つ美容成分はありますが、ヒアルロン酸とセラミドはお肌をしっとり保湿させるために使用する基礎化粧品には必ず配合されているものを選びたいものです。

化粧水の後に使用する美容液や保湿クリーム、乳液にも、セラミドなどの保湿成分が入っているものを選ぶようにしてくださいね。

 

肌老化が原因で乾燥肌が悪化する?

加齢によって肌が弱ってくるというのは「肌の皮脂が減ってきてバリア機能が低下」してしまう状態でこれが乾燥肌なんです。肌が乾燥すると、すぐに回復できなくなり、小じわ、肌のクスミ、しみができてきます。

  • 肌がダメージを受けると、バリア機能が低下。
  • バリア機能が低下すると肌はダメージを受けやすくなる。

という悪循環になってししまいます。

この悪循環から抜け出すには肌を保湿しバリア機能を活性化させることが一番効果的なのです。

乾燥肌なら低刺激、無添加化粧品を使うべき?

お肌に優しい?低刺激、無添加スキンケア

特にお肌の弱い方には、ナチュラルな自然派コスメが人気がありますが、確かに乾燥肌だったり、敏感肌、アトピーなどの症状があると低刺激のスキンケア用品であっても選ぶのに、とても神経を使いますよね。

使ってみて、ピリピリしたり、赤くなったらどうしようと気を使ってしまいます。新しい化粧品は怖いから保湿力や美白力にも不満があるけれど、今までのものを使おうと自分の肌年齢に合っていない基礎化粧品を使っている方も少なくありません。

普通肌ならなんの反応もないような安全とされる添加物であっても、お肌がデリケートだと1、2回使うだけでも肌荒れに一直線!ということもあります。

肌に刺激を与えない、無添加化粧品や、オーガニックコスメ、自然派のものなどは低刺激といわれますが、なかなか納得できるものに巡り合えないんですよね。低刺激のはずなのに顔が痒くなったり、細かいブツブツができたりすることもあります。

無添加コスメを選ぶときの注意

無添加コスメを選ぶ

無添加の化粧品っていうのは、すべて本当に無添加だと思っていませんか?もちろん、本当になにも添加されていない無添加のコスメもありますが、厚生労働省の指定した成分以外なら他の添加物を配合していても無添加といて表示していいそうです。

無添加化粧品には「本物」と、「なんちゃって」があるということです。「なんちゃって」の方にはアルコールや鉱物油、合成香料なども使用されているものがあります。

その成分に特に悪い反応が出なければいいのですが、たまたま自分の肌に合わなかったとなると困りますよね。これういった成分は、健康は肌(普通肌)の人でも使い続けていると、肌の潤いやハリを守るバリア機能が低下して、敏感肌になってしまうという危険性もあります。

全成分表示のコスメを選ぶ

 

化粧品の公式サイトなどには使用されている成分をすべて公開している企業もあります。肌が弱いという場合にはそういった情報を確認してから購入するなど、面倒ですがこのくらい慎重になる必要があります。

肌荒れや吹き出物ができて、すぐに治ればいいですが、なかなか完治しなかったり、ブツブツなどがひいたあとに、シミのように跡が残ってしまうと本当に今後のケアが大変になります。

当サイトでは無添加のオールインワンゲルを紹介しています。肌トラブル解消のため、お肌に優しい化粧品をお探しなら オールインワン化粧品のランキングTOP3をご覧ください。各詳細ページにも全成分などを掲載しています。

乾燥肌には水を飲むのも重要

空気が乾燥する季節になると悪化しやすい乾燥肌。普通肌なら細胞内に適正な水分を蓄えており、その水分によって肌のハリや艶だけでなく、外部からの刺激などを緩和するバリアの役割も果たしています。

細胞内の水分量が大幅に低下している場合、肌の乾燥により角質が浮いて剥がれてしまったり、それによる外部からの刺激を防御するバリア機能が働かなくなってしまう状態に陥ります。

乾燥肌で化粧品を使うと赤くなってヒリヒリしてしまう場合はこの状態になっています。化粧品で保湿するのも大切ですが水分も多めに摂取して肌細胞を枯渇しないようにしていきましょう。

体内の水分を増やす水の飲み方

毎日水をしっかりと飲むと言うことも重要で、飲むことにより水分を補給することで体全体の水分量を満遍なく補うことが可能になります。

あまり水を飲む習慣が無い人は慢性的な水分量不足で脱水状態に近くなっている可能性が高いですので、肌ケアだけでなく水をしっかりと摂取することも考える必要があります。

お茶やコーヒーがメインは利尿効果が高いので、たくさん飲んでも排出されて体の水分補給の効果が低くなるので、ミネラルウォーターや浄水のお水を毎日欠かさず飲むようにする習慣をつけると、体の内部から乾燥肌を治す手助けになるでしょう。

目安として1日に1.5リットル~2リットル飲むといいでしょう。これは季節、気温、運動量などでも変わってくるので加減してくださいね。

このように水分不足は乾燥肌を引き起こす原因となりますので、水分補給で内側、化粧水やオールインワンゲルでのスキンケアで外側という、両方からの水分補給を心がけましょう。

水分補給は体を活性化させる!?

現在、注目されているのは認知症の改善に水分を摂ることで効果があるといういうことです。これは加齢によって水分の保持ができにくくなった体に欠かさず水分と摂取させると血流がよくなり・・・という仮説らしいですが、乾燥肌など肌トラブルも同じことが言えます。

毛細血管の端々にまでしっかりと栄養を運んでもらわないと美肌にはなれません。お肌に必要な成分が必要な部分に届かないからです。水分を取ることで乾燥肌へ直接の影響と、血流を良くして美肌への効果を高めるというW効果が狙えます。

また、水分をたくさん摂取することで水分不足で起こっていた便秘も解消できれば大きなデトックス効果も得られますよ!

乾燥肌が招く肌トラブルとは?

乾燥肌により肌の水分量が著しく低下してしまうと、肌には様々なトラブルが起きてしまいます。まず、水分の不足により肌が危険を感じた場合、乾燥を防ごうと通常よりも多く皮脂が分泌されてるためです。

これにより乾燥しているのに脂っぽいという肌の状態になってしまうので、その過剰な皮脂の分泌により毛穴が詰まって炎症を起こしてしまうことにも繋がってしまいます。

乾燥肌による水分不足は外部からの刺激にも敏感になりますので、肌に激しいかゆみを伴う湿疹が出来ることもあります。さらに、痒いことで無意識の内に掻き毟ってしまい、更に肌の状態を悪化させてしまう悪循環に陥る恐れもあるのです。

肌の小じわなども水分不足により引き起こされたり、悪化しますので、水分量が足りてない場合には肌の老化が早く進んでしまうことにもなります。

⇒ 乾燥肌におすすめのオールインワンゲル

ストレスが原因で乾燥肌も悪化する

現代人なら誰でも抱えているストレス。仕事の悩みや人間関係の悩みなど、様々なストレスと付き合っていかなければなりません。ストレスは体に不調をもたらしますが、乾燥肌もその一つです。

乾燥肌とは、肌に水分が不足した状態のことを言います。どうしてストレスが肌の水分を奪ってしまうのでしょうか?今回は、ストレスとは何なのか、ストレスと乾燥肌の関係、ストレスとの上手な付き合い方について考えていきましょう。

⇒ 乾燥肌に効果的なオールインワンゲルランキング

ストレスと乾燥肌の関係とは?

 

ストレスが乾燥肌を引き起こすメカニズムを見ていきましょう。まず、人が体にストレスを受けると、体内に活性酸素が発生します。この活性酸素とは老化の原因となる物質で、乾燥や肌荒れを引き起こしてしまうのです。

また、ストレスが起こると体内でストレスに対抗しようとする力が働き、ストレスホルモンや男性ホルモンなどのホルモンが分泌されます。ホルモンバランスが乱れることも乾燥肌につながっていきます。

そして、ストレスによって免疫力も低下します。免疫力が低下することによって肌のバリア機能が低下してしまい、肌から水分が失われます。他にも、肌にとって重要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の合成が抑えられたり、とストレスは乾燥肌の大きな原因となります。

ストレス解消も心がけて

ストレスによって乾燥肌を引き起こしてしまうので、ストレスのない生活を送りたいところですが、生活からストレスを全て取り除いてしまうのは不可能です。

ストレスが生まれたら、自分なりのストレス発散法を見つけて、溜め込まないようにするなどストレスと上手に付き合っていきましょう。睡眠不足や食生活の乱れなどは見直していけるところですので、取り除ける原因は取り除いていきたいですね。

睡眠は肌の再生にも重要な役割を果たしますので、十分な睡眠を取るよう心掛けていきましょう。ストレスによる肌への影響を抑えるためには、活性酸素を除去する方法もあります。ポリフェノールなどの抗酸化作用のある物質をサプリメントや食事から取り入れていきたいものです。

ビタミンCは、活性酸素を除去するだけでなく、コラーゲンの合成を促進してくれます。音楽を聞いたり、睡眠をとったり、リラックスした生活をしながら、食事などに気を付けて乾燥肌を抑えていきましょう。

 

乾燥肌を改善させるツボ「労宮」

身体の健やかさを司るツボ。このツボについては、ほんの少し学ぶだけで肌のコンディションも上向きになります。特に乾燥肌で悩んでいる女性には、是非とも知っていただきたい情報です。

東洋医学で使用されるツボを刺激するという方法、乾燥肌だけでなく、睡眠不足や日常のストレスまでも解決する手立てになり得るから、というのがその理由です。

これらは多くの女性が悩ましく思っている症状ではないでしょうか。そんな悩みからは、早く卒業してしまいましょう。

ツボ押しって、素人でもできる?

指圧などのツボ押し専門院はたくさんありますが、症状が悪化している時だけ行うのではなく、定期的に行うことで症状を発症させないことが一番なので自分で行うほうが効果的なことが多いです。

したがって、「いつでも」「気軽に」出来なくては意味がありません。そこでオススメしたいのが「セルフツボ押し」です。毎日の生活の中で継続してツボ押しをすることが出来るならば、それは最も理想的であると言えます。

注意したいのは妊娠中など適当にツボを押すことです。重大なことにつながる可能性もあるので素人が行うのは止めておきましょう。

乾燥肌を治すツボはどこ?

労宮

間接的に考えれば、結果的に乾燥肌を改善してくれるツボはたくさんあります。しかし、その全てを覚えるのは大変ですし、効率が良くありません。楽な姿勢で僅かな時間を利用して刺激できるお手軽なツボポイントがおすすめです。

それは、手のひらにあるツボです。「労宮」というツボで、手のひらを軽く握った時に最も凹むところにあります。(上にある画像参照)とても覚えやすく、押しやすい場所にあるツボです。

労宮は自律神経の働きを整えてくれるツボです。ストレスの解消や、血行促進にも有効ですから自律神経の乱れからくるお肌の乾燥に効果があります。肌の血行や良くなればクスミにくくなり、クマができる予防にもなります。

押す時には、力一杯押す必要はありません。右手のツボを押し時には左手の親指を使って押せばよく、自分で気持ちがいいと感じる程度でOKです。

ツボが乾燥肌に効果がある理由

この労宮というツボはストレスや睡眠不足を改善してくれるツボです。人間の身体はそれらの症状を察知すると、体内で水分の消耗が著しく加速し、結果的に乾燥肌を招いてしまうのです。

この場合、単に水分摂取で補ってもすぐに乾いてしまうので、あまり効果がありません。身体を解してストレスや睡眠不足を緩和し、乾燥肌の改善を図る必要があります。遠回りのようですが、ツボ押しは非常に効率の良いスキンコントロールの手段なのです。

 

乾燥肌には温泉水がおすすめ

温泉で温まった後のしっとりお肌は、温泉の効能の恩恵に浴した結果です。しかし、逆に乾燥肌だから温泉成分で肌荒れが起きないか心配という人もいることでしょう。

乾燥肌の人が普通肌の人と同じように温泉を楽しんだ場合、肌が荒れてしまう事も間々あります。せっかくツルツルお肌になることを期待して出掛けたにも拘らず、コンディションを崩してしまうなんていやですよね。

そんな残念なことにならないように、乾燥肌の人が温泉に行く際に注意すべき3つのポイント挙げてみました。

メディプラスゲルを使った体験談と口コミ 【乾燥肌・敏感肌も凄い浸透力でしっとり!?】
メディプラスゲルは医療機関でも使用されている「肌に刺激を与えない」をコンセプトにしたオールインワンゲル。肌にやさしいだけでなく、保湿力がとても高いので乾燥による痒みなどで悩んでいる人にもうれしいゲル状の美容液です。 メディプラ...

酸性泉には要注意

温泉効能の一覧に「肌疾患」や「慢性皮膚病」とあった時でも、温泉成分が酸性泉ならば乾燥肌の人は避けた方がいいでしょう。何故かというと、一般的な皮膚疾患に効くという酸性泉には古い角質を取り除き、新しい肌が再生しやすいように刺激を与えるという働きがあります。

これは健康な肌の場合には非常に望ましい効能なのですが、乾燥肌の人や敏感肌の人には刺激が強すぎて、入浴後にヒリヒリと痛みを感じたり、乾燥症状が悪化したりすることがあるのです。

お付き合いでどうしても入る必要が生じた時には、長湯はせずに、最後は水道水でしっかりと成分を洗い流しましょう。

乾燥肌なら垢すりはNG

近年は、温泉浴場にエステティックサロンや垢すり場を併設しているところも少なくはありません。垢を落としてスッキリサッパリとしたい誘惑に駆られると思いますが、乾燥肌の人の垢すりはタブーでまったく肌にいいことはひとつもないんです。

温かいお湯に浸かると温泉の効能によって古い角質が軟化し、それがお肌しっとりの要因になるのですが、垢すりをするとせっかくのしっとり成分が全て取り除かれてしまうからです。

また、お肌を守る角質層がなくなってしまうことで、バリア機能が一気に低下してしまうことにもなります。乾燥肌の上に敏感肌の人には軽度の擦過傷と同じような症状が現れ、完治するまでに日頃以上の不快な思いに悩まされてしまいます。

もしも身体を擦るならば、綿タオルを固く絞ったものを使うくらいがちょうどいいでしょう。アクリルタイプのものを使う場合は柔らかめを選ぶといいでしょう。

温泉施設の備え付けのボディシャンプーは大丈夫?

どんなに素晴らしい効能を誇る温泉場においてあるのからお肌に良い備え付けのシャンプーやボディシャンプーがおいてありそうなものですが、乾燥肌、敏感肌の場合は少しでもお肌に合わない成分が配合されているとよくありません。

とくに、お湯に浸かっていろんな成分の吸収が高まっている肌の状態でいつもとは異なるボディシャンプーを使用すると、思わぬ症状が出てしまうこともあるのです。これはボディシャンプーの成分が毛穴に詰まってしまったり、成分が肌に残ってしまったりする事が原因です。

乾燥で起こる痒みもひどくなり、いつも以上の乾燥を感じたりすることになりかねません。この対策としては備え付けのものは使わないで、使い慣れている自分の肌に合っているものを使うことです。

温泉と同じ保湿効果が期待できる基礎化粧品

温泉でのんびりと温まるのは至福の時ですよね。しかし、乾燥肌が気になるからと言って毎日、温泉に行くことができる人は少ないのではないでしょうか?

温泉場に近ければ自宅にも温泉水を引いているご家庭もありますが、稀だと思います。こういった場合には温泉水を利用した化粧品を使うことをおすすめします。

⇒ 温泉水配合の人気オールインワンゲル

保湿効果が高いといわれる温泉水を配合していて、乾燥肌や敏感肌に向けて作られているので大抵は無添加であったり、お肌に優しい成分のみを使っています。

タイトルとURLをコピーしました