治らない乾燥肌にステロイドが効果が高いという噂や口コミ

乾燥肌というものは通常のものから慢性的な症状までありますが、そのレベルによっては対処方法も違ってきます。その乾燥肌の対処方法でもかなりの効果を上げる薬剤としてはステロイドがあります。

これは効果の面では抜群なのですが、一方でしっかりとした医師の指導のもとで管理をしないと様々な副作用が発生してしまうので、使用するのに躊躇してしまうという方が多いというのが現状です。

今回はその乾燥肌とステロイドについて説明していきたいと思います。特に副作用は重篤なものもあるので知っておくのが重大となります。

乾燥肌のレベルについて

まずこのステロイドがどのような乾燥肌に対して処方されるのかを見ていくと、通常の乾燥肌に関しては保湿剤などを塗ってしっかりとしたケアをしてまずは経過観察をします。

通常、皮膚科などに行かずに自分でも保湿化粧水や保湿できるオールインワンゲルなどをちゃんと使用することでできる保湿ケアですが、それでも治らない場合には専門医に診療をしてもらうことになります。

非ステロイド剤などを付けても全く効果が見られない乾燥肌やひどく慢性的でかつ掻き過ぎなどで炎症や腫れや痒みがひどい場合にステロイドの処方が提案されます。

ステロイド剤の効果や副作用

ステロイド剤というのは、本来様々な医療分野で使われている抗炎症作用を持つ成分であり、副腎皮質で人体が自分で作ることができる成分を人工的に作り上げたものとなります。

それゆえに抗炎症作用の効果は非常に高いものとなりますが、この通常人体が一日に作る量以上を服用する際にはいろいろな副作用が出ることが確認されています。

その副作用はとても多くの症状がありますが、乾燥肌の肌に塗るクリームタイプのステロイド剤での副作用としては、皮膚細胞の増殖を抑えて肌が薄くなってしまうというものがあります。

確かに炎症などが収まっても肌が薄くなるとそれだけ外からの刺激に弱くなってしまうので、また引っかくなどをしてしまうとあっという間に再発してしまうことになります。

ですからステロイド剤で乾燥肌が治った場合にはそれに依存しないように、非ステロイド剤などへと代替していく指導が医者から行われることになります。

ステロイド剤にまつわる口コミ、噂話

さてステロイド剤はこのような色々な効果があることで有名ですが、一方で副作用なども多く知られておりそれが一人歩きをしているイメージがあります。

ステロイド剤は本来医師の管理下で行えば十分に副作用をコントロールできますし、なにより内服のステロイド剤と今回の乾燥肌に使用する外部用のステロイド剤では副作用の出方というもの異なってくるのです。

内服の場合には一日5㎎程度が副作用が出るラインとして指定されていますが、外部用のステロイド剤やクリームなどは皮膚の吸収しやすい部位というのがあってまた異なります。

一般的に身体に塗る分にはさほど問題ないのですが、顔などは吸収力が高くまた粘膜や陰部などは非常に吸収力が高いのでこの辺はしっかりとした医師の管理が必要となります。

ステロイド剤を乾燥肌に対して使用することを怖がる必要はなく、とても効果がある半面、副作用が出る可能性もあるので医師の管理下で正しく使うのが一番いいでしょう。

まだ、ステロイドを使用するレベルではないけれど治りにくいという乾燥肌にはセラミドを含んだ基礎化粧品などでケアしてみることをお勧めします。

メディプラスゲル毛穴

関連記事

そのカサカサ肌はストレス!?ストレスが原因になる乾燥肌の改善方法

乾燥肌にいい基礎化粧品、低刺激・無添加スキンケアの美肌効果は?

スクラブ洗顔は乾燥肌が悪化してしまうので注意

食べ物で乾燥肌対策!美肌になる食べ物とは?

洗顔後に肌がつっぱるのはインナードライ肌のサイン!

メディプラスゲル(口コミと体験談)肌が弱い、敏感肌・乾燥肌の改善に