そのカサカサ肌はストレス!?ストレスが原因になる乾燥肌の改善方法

現代人なら誰でも抱えているストレス。仕事の悩みや人間関係の悩みなど、様々なストレスと付き合っていかなければなりません。ストレスは体に不調をもたらしますが、乾燥肌もその一つです。

乾燥肌とは、肌に水分が不足した状態のことを言います。どうしてストレスが肌の水分を奪ってしまうのでしょうか?今回は、ストレスとは何なのか、ストレスと乾燥肌の関係、ストレスとの上手な付き合い方について考えていきましょう。

⇒ 乾燥肌に効果的なオールインワンゲルランキング

体に悪影響を与えるストレスと乾燥肌の関係とは?

 

ストレスが乾燥肌を引き起こすメカニズムを見ていきましょう。まず、人が体にストレスを受けると、体内に活性酸素が発生します。この活性酸素とは老化の原因となる物質で、乾燥や肌荒れを引き起こしてしまうのです。

また、ストレスが起こると体内でストレスに対抗しようとする力が働き、ストレスホルモンや男性ホルモンなどのホルモンが分泌されます。ホルモンバランスが乱れることも乾燥肌につながっていきます。

そして、ストレスによって免疫力も低下します。免疫力が低下することによって肌のバリア機能が低下してしまい、肌から水分が失われます。他にも、肌にとって重要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の合成が抑えられたり、とストレスは乾燥肌の大きな原因となります。

ストレスと上手に付き合っていきましょう

ストレスによって乾燥肌を引き起こしてしまうので、ストレスのない生活を送りたいところですが、生活からストレスを全て取り除いてしまうのは不可能です。

ストレスが生まれたら、自分なりのストレス発散法を見つけて、溜め込まないようにするなどストレスと上手に付き合っていきましょう。睡眠不足や食生活の乱れなどは見直していけるところですので、取り除ける原因は取り除いていきたいですね。

睡眠は肌の再生にも重要な役割を果たしますので、十分な睡眠を取るよう心掛けていきましょう。ストレスによる肌への影響を抑えるためには、活性酸素を除去する方法もあります。ポリフェノールなどの抗酸化作用のある物質をサプリメントや食事から取り入れていきたいものです。

ビタミンCは、活性酸素を除去するだけでなく、コラーゲンの合成を促進してくれます。音楽を聞いたり、睡眠をとったり、リラックスした生活をしながら、食事などに気を付けて乾燥肌を抑えていきましょう。

体のあらゆる部分、肌にも影響を及ぼすストレスとは?

ストレスとは、外部からの様々な刺激によって体に何らかの歪みが生じること、そしてその原因となる刺激のことを言います。

ストレスの原因の代表的なものと言えば、人間関係の悩みや性格的なものなどの心の負担が挙げられますが、その他にも睡眠不足や食生活の乱れ、体の疲労もストレスの原因になります。

体への刺激のこと全般をストレスともいうので、悪いことだけでなく良いこともストレスになります。良い方だとは体にいい影響も与えますが、人間関係の悩みなどの悪いストレスは様々な悪影響をもたらすのです。

この悪いほうが多いとイライラとすることが多く、うるおいのあるお肌に必要なビタミンCも消費してしまいます。それがさらに乾燥肌を悪化させてしまうので適切なスキンケアを心がけていきましょう。

関連記事

インナードライ肌でターンオーバーが乱れ肌荒れくすみの原因に

乾燥肌にいい基礎化粧品、低刺激・無添加スキンケアの美肌効果は?

乾燥肌には温泉がおすすめ!温泉水コスメも効果的です

超乾燥肌におすすめなオールインワンゲルランキング

メディプラスゲル 乾燥肌・敏感肌さんが使った体験談と口コミ【浸透力がスゴイ!】

乾燥肌を改善させるツボ「労宮」