ニキビ跡を消すのに効果が期待できる成分とは?

スキンケア

まるでシミみたいなニキビ跡は早く消してしまいたいですよね。鏡を見るたび憂鬱になってしまいます。人によっては外出するのも嫌になってしまうことも。

ニキビ跡を早く消すために効果が期待できる成分や、そもそもニキビができてしまった原因や正しいニキビのケア方法を知ることで改善できます。

 

ニキビ跡を早く消すためのケア

ニキビ跡のタイプによってケア方法が変わってきます。

赤色のニキビ跡の場合

ニキビができやすい人、赤色のニキビ跡を消したい人はビタミンCが配合されたオールインワンゲルや基礎化粧品のさっぱりタイプがオススメです。ビタミンCがお肌にいいのは良く聞きますよね。

それもそのはず、ビタミンCには皮脂を抑えるニキビ予防効果やニキビ跡の赤みを薄くする効果があります。ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に浸透させやすくしたものなのでオススメです。

ビタミンCにも色々な種類がありますが、特にオススメなのはリン酸型やアスコルビン酸です。成分表をチェックしてから購入しましょう。

⇒ アスコルビン酸配合のメディプラスゲルはこちら

茶色のニキビ跡の場合

メラニンが色素沈着してしまったニキビ跡にはレチノール成分が入ったスキンケアアイテムがオススメです。肌の新陳代謝を促すレチノールはビタミンAの一種です。ビタミンAを肌に取り込むことでターンオーバーの働きを改善しましょう。

もちろんストレスや不規則な生活習慣を見直すことも、ニキビやニキビ跡のない美白肌には必要です。上手にストレス発散して、質の良い睡眠や食事を心がけましょう。

ニキビができないように原因を知る

ニキビの原因は様々ですが

  • ストレスによる肌の乾燥
  • 不規則な生活
  • ホルモンバランスの乱れ

が主な原因となります。これらが発端となり、毛穴の閉塞・皮脂の過剰な分泌・「アクネ菌」の繁殖などがニキビとなって肌にできてしまう訳です。

「アクネ菌」は皮脂を栄養にしているので、毛穴で皮脂が詰まってしまうと過剰に繁殖し、肌に炎症を起こし発疹(ニキビ)ができます。

ターンオーバーを整え保湿する

肌は「ターンオーバー」というサイクルを繰り返しています。古い角質が大体28日 サイクルで新しい皮膚細胞に生まれ変わるのです。このターンオーバーが正常に機能しない場合、毛穴の角質が厚くなり出口が塞がれます。そして汗とともに毛穴から排出されるはずの皮脂が残り詰まってしまいます。

ターンオーバーは加齢やストレスによる乾燥肌でも乱れてしまうので保湿して乾燥肌を改善することが必要です。また、乾燥肌だととくにTゾーンに皮脂が過剰に分泌する原因になるのでこれもニキビができやすくなります。

ニキビの種類

ニキビの種類は大きく分けるとこの3つになります。

白ニキビ(ニキビの初期段階)

毛穴に皮脂が詰り古くなった状態になると、患部が薄い皮膜で覆われます。表面はまだ閉じた状態の白っぽいニキビです。

黒ニキビ

白ニキビが進行したニキビで、患部が黒っぽく見えるのは皮脂が盛り上がったことで穴が開き酸化してしまったからです。

赤ニキビ

黒ニキビがさらに進行したニキビです。毛穴につまった皮脂に雑菌や細菌が繁殖し炎症を起こした状態です。

症状によってニキビの色が変化するので、ニキビをケアする前に自分の症状をチェックしましょう。

 

ニキビができる原因やニキビの種類、ケア方法などについてご紹介しました。ドラッグストアでも手に入る基礎化粧品でケアできるので、今あるニキビ跡を早くして今後はニキビができないようにしっかりケアしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました