ひどすぎる乾燥肌はノーファンデで肌改善するかも

パーフェクトワン 単品販売促進 - 新日本製薬株式会社

乾燥肌などお肌のトラブルに悩んでいる方に注目を集めているのが、ノーファンデメイクです。ファンデーションをつけずにアイメイク、グロスなどだけを使ってポイントメインくをすることです。

乾燥肌の方にとってはファンデーションをお肌に長時間つけておくことによって、さらに乾燥が悪化してしまうことも少なくないと思います。でも、ただでさえ乾燥肌で荒れた肌を人前にさらすのは抵抗があるという方もいらっしゃるでしょう。

ノーファンデはノーメイクというわけではないので、ご安心ください。今回はノーファンデのメリットやポイントをご紹介したいと思います。

⇒ 乾燥肌におすすめのオールインワンゲル

ノーファンデで肌の呼吸を取り戻しましょう

ファンデーションを使わないメリットは、肌への負担が少ないことがまず挙げられます。肌への刺激を抑え、ファンデーションで妨げられていた肌の呼吸を取り戻すことが可能です。

また、ファンデーションを落とす時にクレンジングで洗いますが、その時に肌の保湿も失われてしまいます。ノーファンデで肌の潤いをなるべく逃さないようにできるでしょう。

そして、肌を自然な状態に持っていくことで、肌のターンオーバーの機能が正常化し、肌本来の力で肌トラブルを治していく効果が期待できます。他にも化粧崩れが少なくなること、肌の変化に気づきやすくなることなど、様々なメリットがあります。

日焼け止めや保湿は忘れずに

ノーファンデメイクは肌呼吸できるのはいいのですが、そのまま肌をさらすと紫外線による影響を強く受けてしまいます。特に、乾燥肌の方は肌のバリア機能が弱くなっているため日焼けになりやすく、紫外線をカットするのは重要です。

UV効果のある化粧下地、または日焼け止めは忘れないようにしましょう。下地や日焼け止めは、ファンデーションに比べて肌への負担は少ないので安心です。

また、乾燥肌の方はセラミドなどの細胞間脂質が不足しているため、肌の水分が満たされていない状態です。ノーファンデはメリットも多く、試す価値のあるものですが、ファンデを使わないことによって新たなトラブルになる可能性も否定できません。

ノーファンデを実践しながらも、しっかりとした保湿を心がけ、肌トラブルへ柔軟な対応をする必要があります。下地や日焼け止めを塗る前にする保湿も、とても効果的です。

ファンデがなくてもきれいに見えるメイク方法

ノーファンデでも、できるだけ肌をきれいに見せるためのポイントは、下地や日焼け止めを塗った後にパウダーで仕上げることです。ベビーパウダーやフェイスパウダーを使って仕上げることで、毛穴などを目立たなくしながら、自然できれいな仕上がりになります。

パウダーを使うときは、肌の負担の少ない合成ポリマーフリーの安全なパウダーを使うようにするといいですね。また、気になるところだけミネラルファンデーションでカバーするのもお勧めです。

こちらは肌への刺激の少ないファンデーションなので安心です。ポイントメイクはしっかりとしたり、と肌の状態に合わせて自分なりのメイクを見つけていけたら、いいですね。紫外線カットや保湿には十分気を付けてストレスフリーのノーファンデを楽しんでみてはいかがでしょうか。

メディプラスゲル毛穴

関連記事

保湿効果の高いホホバオイルの乾燥肌への効果的な使い方

肌荒れ予防、改善方法は保湿ケア【化粧水だけだと乾燥肌小じわの原因に】

乾燥肌と皮脂欠乏性湿疹は間違いやすいカサカサ肌

乾燥肌におすすめなオールインワンゲルランキング

乾燥肌には水を飲む!改善のためにはスキンケアと水分補給が大切

乾燥肌を改善させるツボ「労宮」