大人ニキビをできにくくする、早く治すためのスキンケア

ニキビができたからもっとちゃんと洗顔しないと!とか、今使っている洗顔料をもっと強いものにしないとと、ニキビケアには洗顔が一番と思い込んでいることってよくあります。

そんなに皮脂が酷くもないけど、きっと皮脂が毛穴に詰まったのだろうと思い込んで、せっせと洗顔ブラシで顔の皮脂を落とす、そんな行動は大人ニキビには通用しません。

大人ニキビは思春期のニキビとは原因が違うのです。10代や20代前半に多い思春期のニキビはおでこなどの、皮脂分泌の活発なTゾーンなどもよくできるのですが、大人ニキビは顔の下半分に多くあらわれて、おでこにはあまりできないという特徴があります。

大人ニキビの原因はホルモンバランスと乾燥

顎や口の周りなどに多く見られる大人ニキビはホルモンバランスによって起こることが多い特別なニキビです。予防法はストレスを減らすなどの対処でもよくなることがありますが、なかなかストレスをなくすというのは難しいものですよね。

大人ニキビ影響するホルモンは、エストロゲン(女性ホルモン)、プロゲステロン(女性ホルモン)、アンドロゲン(男性ホルモン)といったものでこのバランスが大切です。

女性でも男性でも、女性ホルモンと男性ホルモンが体内に存在していますが、これが男性ホルモンが過剰になってくると皮脂が多くなりすぎ角栓などもできやすくなります。

また、お肌が乾燥している状態だと大人ニキビができやすくなります。お肌は乾燥すると、水分がこれ以上蒸発するのを防ぐために皮脂を過剰に分泌してきます。

ホルモンバランスが悪く皮脂が多くなっているところへ、乾燥肌が理由でまた皮脂がどんどん出てくると、あっという間にニキビの出来上がり!というわけです。

大人ニキビを防ぐには・・・

大人特有の乾燥やホルモンバランスが原因で起こるニキビに一番効果的な対処方法は保湿ケアをすることです。ホルモンバランスについてはいろいろと改善方法を考えていく必要がありますし、治療は長丁場になります。

速攻で大人ニキビを防ぎたい、治したいというときには、肌の水分量をアップしてくれるセラミド配合の化粧水やオールインワンゲルでうるおいある肌に戻してあげましょう。

ホルモンバランスを整えていくのは時間がかかりますが、体調にも関わりますから漢方薬やサプリなどを使って体質改善を行うといいでしょう。

大人ニキビが跡にならないために

膿んでしまうような大人ニキビはその部分をアルコールで消毒することをおすすめします。赤くなって奥にシンがあるからそれを出してしまおうとするなどはニキビが治った後に跡になってしまうので絶対しないようにしましょう。

大人ニキビでも肌にデコボコが残ったり、色素沈着を起こしてシミのようになってしまうことがあります。日ごろから美白成分のビタミンC、プラセンタエキス、保湿成分のセラミド、コラーゲンやヒアルロン酸などが多く配合されている基礎化粧品でお手入れをしておくとシミになるのを防ぐことができます。

また、肌の新陳代謝、ターンオーバーを正常にしてあげることで、肌が傷ついても痕になりにくくしてくれます。また、ターンオーバーがちゃんと正常であれば、大人ニキビができにくい肌にもなれます。

このお肌の新陳代謝・ターンオーバーが乱れてしまっている場合の改善方法も肌の保湿をしっかり行うことです。

乾燥した肌は外からの刺激にも弱くなりいろいろな肌トラブルの原因にもなってしまいます。保湿効果の高い成分がたっぷり入ったコスメでスキンケアをしていくことと、ストレスを溜めない規則正しい生活を送ることで、大人ニキビができない肌を目指しましょう。

保湿効果の高い敏感肌OKのオールインワン化粧品はコチラ

メディプラスゲル毛穴

関連記事

乾燥肌には温泉がおすすめ!温泉水コスメも効果的です

肌のバリア機能を高めるには?

混合肌の改善にオールインワンゲル!肌乾燥、過剰な皮脂対策に

たるんだ毛穴、黒ずんだ毛穴をオールインワンゲルで完璧ケアする方法

プラセンタ配合のオールインワンゲルでアンチエイジング、美白!

肌がカサカサ!乾燥にはヒアルロン酸が効果的?その働きは?