たるみ肌を解消できるおすすめのオールインワンゲル

パーフェクトワン 単品販売促進 - 新日本製薬株式会社

たるみ肌というのは、すぐには自分で気づきにくいものです。「アレ?たるんできた?」と実感するときは、かなり悪化していることが多いので気づいたら一刻も早く対策をしていきましょう。

よくあるのは、ほうれい線が深くなってきたと思っていたら、頬のお肉がたるんで垂れ下がったことでほうれい線に乗っかっていた…という場合です。これと同じような事例としては、まぶたのタルミを目尻が下がってきたとか、目が小さくなったと感じてしまう人がいるようです。

⇒ たるみに効くオールインワンゲルはコレ

たるみがでる原因

たるみに効くオールインワン化粧品

鏡を床に置いてそれを覗き込んだ顔が10年後の顔なんてよく巷ではいわれていますが、これは顔の皮膚が重力に引っ張られている状態をあらわしたものです。老け顔というのは、たるみが引き起こすものなんですよね。主なたるみが起こる原因は以下のようなとこがあります。

  • お肌の乾燥
  • 紫外線のダメージ
  • 加齢、老化
  • 猫背
  • 表情筋と深層筋の低下、衰え
  • コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、ビタミンCの不足

子供や若い人のお肌というのはたるみがなく、ハリがありますよね。これは新陳代謝が活発なので柔軟性が肌に保たれているという証拠です。たるみはお肌の外側でなく内部で起こるものです。外部の老化はシワとして現れてきますよね。

しわができる表皮より奥深くにある真皮はエスチラン、コラーゲンで支えられているのですがこの2つの減少などで支えられなくなりだるんだるんな感じになってしまいます。建物で例えると、これまでは強い骨組で支えられてしっかりしていた建物が、骨組みが緩んでしまってガタガタ揺れたり、倒れてしまったりという状態がたるみです。

まずは乾燥を防いでハリを取り戻す

肌の乾燥は顔のたるみだけでなく様々なトラブルを呼びこんでしまうので、まずは改善しやすい乾燥肌をしっかり潤すところから始めましょう。洗顔後は必ずたっぷりの化粧水やオールインワンゲルを付けて、しっかりと浸透させ、乾燥が気になっている個所にはオイルやクリームでしっかり蒸発を防いであげる事も有効です。

さらに顔は表情筋などのいくつもの筋肉でなりたっていますが、普段使っている筋肉はほんの3割程度といわれています。筋肉の衰えもタルミが悪化する原因になりますから、普段はあまり使わない残りの筋肉を鍛えてあげる事で顔のたるみの解消に役立てましょう。

肌のたるみを引き締める美容成分

基礎化粧品にも配合されている美容成分の中で、たるみに効果が期待できるものがあります。ビタミンCやレチノール、ヒドロキシ酸がそれにあたります。こういった成分の配合されている化粧水やオールインワンゲルを使用するか、「たるみ予防」というキャッチで販売されている化粧品を使うのがよいでしょう。

たるみを解消するのにも保湿するという方法はとても有効です。保湿すると肌の老化が加速するのを予防することになります。肌が老化しないことはしわ、しみだけでなく、たるみの予防にもなるんですよ。

そして、保湿すると同時に顔の引き締めをしてくれるリフトアップ効果がある美容成分がある化粧品でたるみを解消するケアをしていきましょう。オールインワンゲルの中では、お肌に塗ってすぐにハリを作り出すというハリネットポリマーが、たるみ予防やリフトアップに効果が期待できるフィトリフトがおすすめです。

顔のたるみ肌に効果的なオールインワンゲル

老化で肌の土台に必要な成分が少なくなってくることと、乾燥肌が悪化することでたるみが出てきます。ただ保湿して乾燥肌を改善するだけでなく、たるみが出た肌を引き締める効果がある化粧品もあります。

フィトリフト オールインワンジェル

お肌のハリがなくなって、たるみが気になってきたという方におすすめのフィトリフト オールインワンジェル。塗ってすぐに肌の表面で「ハリネットポリマー」が高い復元力でハリを再生させていきます。

⇒ たるみ解消! フィトリフト 公式サイトへ

パーフェクトワン モイスチャージェル

テレビショッピングでもお馴染み、新日本製薬のオールインワン。 2タイプ共通で集中保湿コラーゲン、ベビーコラーゲン、オイルコラーゲンなど7種類のコラーゲン、肌荒れに効果がある紫根エキス、イノシトールを配合し強力保湿でたるみ予防に。

⇒パーフェクトワン 公式サイトへ

 

たるみ解消に美顔器もおすすめ

たるみスキンケアする女性

たるみを予防、解消するためにお肌の保湿ケアは必須ですが、肌のハリを作り出す基本部分=顔の筋肉を維持することも大切です。

顔の筋肉を鍛えるためには、顔の筋トレグッズを使ったり、顔ヨガなどがあります。一番おすすめの方法はEMS美顔器を使うことです。EMSは腹筋マシンのイメージが大きいですが、顔の筋肉にも好影響でたるみ防止・解消に役立ちます。

⇒ ハリ覚醒 エステナードリフティ

EMS機能を持つ美顔器は多く、イオン導入やマイクロカレントなどほかの美顔機能も併用していますから、美容成分を肌深くまで届けるケアもできて、顔の筋トレもできます。

食事改善でたるみ予防

間違ったスキンケアでお肌を傷つけてしまうなどのほかにも、生活が不規則、食事でちゃんと必要な栄養素が取れていないなどたくさんの原因があって乾燥肌が悪化したるみが出てきます。

お肌のバリア機能や保湿できる力というのは加齢によって低下してくるものなのですが、こうした生活の乱れが肌の乾燥を早めてしまうのです。保湿のスキンケアはもちろんのこと内側からの美容ケアもしっかりと行っていく必要があります。

たるみ予防のために摂りたい栄養素は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、セラミドといったお肌ぼハリを作り出す成分です。またホルモンバランスの崩れでも肌荒れやたるみが悪化するので大豆製品は何日かに1度は食べておきたいものです。

コラーゲン、ヒアルロン酸が含まれているのは鶏の皮です。もも肉や骨付きの手羽先、手羽元にもついていますね。手に入れにくい食材ですがフカヒレ、スッポンもおすすめです。焼くと油と一緒に出て行ってしまうので、鍋やスープにして汁ごと食べるのがいいでしょう。

スッポンエキス配合のサプリ

セラミドが多いのはこんにゃくです。こんにゃく芋を多く使って製造されているものがいいでしょう。毎日栄養素を考えて料理するのがストレスという場合には手軽にサプリメントで摂取する方法もあります。

たるみって人には気づかれにくい?

顔のタルミというのは毎日顔を見ていると自分ではなかなか気づくことができません。たるみが酷くなってから、あれ?と異変に気付いた時にはかなり酷くなっていることが多いのです。

顔がぼやけて見えるなどのフェイスラインの崩れも分かりにくいですよね。顔のたるみというのは、少し離れたところから見た方が分かりやすいので自分よりも周りに人が先に気付いてしまうこともあります。ちょっとショックですね。

顔にできる影というのは、上から皮膚がたるんできてちょっと段差になってしまっている状態です。頬の肉がほうれい線に乗っかっていたり、マリオネットライン付近にもシワでなく、たるみの影が口元から下にかけてでてきます。

メディプラスゲル毛穴

関連記事

オールインワンゲルとBBクリームで化粧崩れする場合の予防対策

コスパのいいオールインワンゲル、ジェルはどれ?

オールインワンゲルに化粧下地は必要?下地効果あり/なし一覧

オールインワンゲル・ジェルと美容液を併用するなら?

アトピー肌でも使えるオールインワンゲルは?

オールインワンゲルでしわ予防【早くシワを消す方法とは】