敏感肌におすすめのオールインワンゲルランキング【低刺激】

パーフェクトワン 単品販売促進 - 新日本製薬株式会社

肌が炎症して赤くなったり、ピリピリ、チクチクと痒かったり痛かったりと大変な敏感肌。保湿ケアしないともっと悪化すると分かっていても、オールインワンや保湿化粧水が染みて痛いこともあります。

このページでは敏感肌でも使える、敏感肌を改善していく低刺激オールインワンゲルを紹介します。

敏感肌におすすめのオールインワンゲルランキング

敏感肌の改善に一番に必要なのは保湿ケア。オールインワンゲルの中でも保湿力の高い、敏感肌改善に役立つセラミドを含むものがおすすめです。無香料、無添加を選ぶのも重要です。

リ・ダーマラボ モイストゲルプラス

7つの無添加を実現した美容皮膚科医監修のオールインワンゲル。酸化を防ぎ新鮮さを保てるエアレスポンプ採用で最後まで衛生的に使用できます。敏感肌改善に効果的な天然ナノセラミド、スクワラン、コエンザイムQ10、EFG、レチノール、ビタミンCと保湿成分、エイジングケア成分がベストバランスで配合され相乗効果を発揮します。[全額返金保証]

容量 100g
評価
価格 初回 2,286円

⇒ リ・ダーマラボ モイストゲルプラス 公式サイトへ

 

トリニティーライン ジェルクリームプレミアム

美容成分が95%以上でつくられたオールインワンジェル。30代以降の乾燥が目立つ年齢肌に必要な48種類の成分を贅沢配合しています。敏感肌にも効果的な天然型セラミドを当社比55倍の高濃度でしっとりが持続します。無香料、無着色、ノンアルコール(エタノール不使用)

容量 50g
評価
価格 初回 1,900円

>> トリニティーライン ジェルクリームプレミアム 公式サイトへ

 

メディプラスゲル

メディプラスゲルは丁寧にお肌にうるおいを与えていくことで、敏感になったお肌のバリア機能を正常化してしっとりお肌に整えてくれます。医療機関でも使用される肌にやさしい成分のメディプラスゲルは、温泉水を配合した年齢肌に対応したオールインワンゲルです。防腐剤フリー、無添加で肌にやさしいので敏感肌さんもOKです。乾燥肌、シワ・たるみ・毛穴対策、ニキビ予防、美白を目指す方におすすめ![返金保証付き]

容量 180g
評価
価格 初回 2,996円

⇒ メディプラスゲル 公式サイトへ

 

敏感肌の症状は改善しようと思っても、なかなかすぐには治りませんよね。敏感肌の改善方法というのはいろいろありますが、一番手軽にできて効果絶大なのがお肌の保湿ケアです。実際に敏感肌に悩んでいる人の多くが乾燥肌といわれていて十分に保湿してあげれば症状が軽くなることがほとんどです。

敏感肌でアカギレの様になって、頬から出血してしまったなどあまりに酷い場合は、一度クリニックで診察してもらうと安心ですね。ただの敏感肌だと思っていたものがアレルギー症状だったという場合はお薬などで治すことができます。

敏感肌の人のスキンケアといえば低刺激な化粧品を使うのは基本的なことになります。これは、化粧水や乳液などの基礎化粧品もそうですが、洗顔時に使う洗顔石鹸や洗顔フォームも当てはまります。

乾燥をさらに促進してしまうような強い洗浄力のものは避けないといけません。お肌の脂分が落ちすぎないようなやさしい洗浄力のものを使用する必要があります。ここで注意なのが商品名にマイルドとついているから、洗い上がりも優しいに違いない!と思ってしまうことです。

マイルドとついている洗顔料などでも敏感肌に使っていいほどのマイルドとは違うことが多いので、敏感肌用とちゃんと明記してあるものを使用したほうが安心できますよ。

敏感肌の化粧品選びとスキンケア方法

刺激のある化粧品を使うと痒みが出たり肌荒れを起こしてしまう敏感肌。基礎化粧品選びにはとても迷いますよね。普通の健康なお肌の人だとまったく刺激を受けないという化粧水などでも、敏感肌の人が使うとしみて痛いという事もあります。

また、使用した時には「しっとりしていい感じ♪」なんて満足していた基礎化粧品でも数日してからチクチクして赤い発疹ができてしまったということもあります。こういった化粧水などで化粧かぶれを起こしてしまうのは、そのコスメにお肌に合わない成分が含まれているからなのです。

肌に刺激を与える成分として、代表的なものには保存料、防腐剤があげられます。これは、パラベン、フェノキシエタノールとも表示されていることがあります。また、香料もお肌の痒みや赤いプツプツができる原因になることがあります。

敏感肌の人が昔に比べて多くなってきたためなのか、無添加の基礎化粧品もたくさん販売されていますので、刺激物の入っていないオールインワンをつかうと安心できますよ。

敏感肌におすすめの化粧品

敏感肌のスキンケアって、非常に困るものですよね。化粧品のあうあわないがかなり難しいですよね。その難しい敏感肌のスキンケアの方法について見ていくことにしましょう。

まず、一番はじめにするスキンケアといえば、化粧水です。この化粧水、素肌に直につけるものなので、敏感肌の人にはかなり重要な選択になります。あわないものであれば、すぐに赤みやかゆみ、ヒリヒリ感などが伴います。ですので、化粧水の選択には非常に難航をしめすでしょう。

敏感肌の人にあう、化粧水の選び方とはどのようなものがあるのでしょうか。まずは、敏感肌向けの化粧水を使用するのがいいでしょう。敏感肌の人が化粧水を選ぶ際に注意したいのは化粧水の成分です。敏感肌の人でも特に反応してしまう成分があります。

化粧水で特に気をつけておきたい成分は、エタノールや香料です。エタノールは、ニキビや脂性肌用の化粧水に良く含まれる成分ですが、エタノールは揮発する際にお肌の水分を奪ってしまいます。ですので、敏感肌を余計乾燥させてしまい、お肌を荒らせてしまいます。

香料は、化粧水としてはとくに機能的に必要なものではありません。香料は化粧水のつけ心地を良くするためだけの演出です。それが敏感肌の人には反応してしまう恐れがあるので気をつけましょう。

なるべく化学薬品の入っていない、保湿がしっかりできる化粧水を選ぶようにします。なかなか自分にあう化粧水を見つけるのには時間がかかるかもしれませんが、テスターなどをうまく利用して探し出しましょう。

乾燥を防ぐ乳液、クリームの重要さ

敏感肌の根本には乾燥肌がありますから、敏感肌の根本ケアには保湿が重要になります。 スキンケアで、化粧水をしたあとのケアは、乳液かクリームです。乳液やクリームは、先にした化粧水の水分が蒸発しないようにお肌に水分を閉じ込めるために塗布します。

オールインワンタイプの化粧品であれば、化粧水、乳液、クリームなどたくさんの種類を揃えて使う必要がなく便利というだけでなく、水分量・油量のバランスが取れた状態なのでお肌に負担をかけません。

 この乳液やクリームでもまた、敏感肌の人は選ぶのに注意が必要です。乳液やクリームには、化粧水とは違い、油が含まれます。水と油が混ざり合ったもので、乳液の方が油分に対して水分が多く、クリームの方が水分よりも油分が多いものです。

敏感肌の人は、この含まれる油分に注意しましょう。敏感肌の人が反応しやすい油分は、鉱物油やミネラルオイルです。鉱物油やミネラルオイルは、石油から作られる油で、お肌が敏感な人は、この鉱物から作られる油の化学物質に反応してしまう場合があります。また、その他の油でも、綺麗に生成されたものではない場合や、酸化した油の場合も荒れてしまう可能性があります。

もし、乳液やクリームを選ぶ場合は、ナチュラルなオイルを使ったものを選びましょう。必ずとは限りませんが、オーガニック系のコスメは鉱物油やミネラルオイルは使用していません。自然のものでのみ作られているコスメですので、敏感肌の人にはお勧めです。

敏感肌の場合は、基礎化粧品選びが大変ですが、オールインワンゲルなら無添加で低刺激のタイプを選ぶだけでOKなので、肌に負担をかけず敏感肌の改善にも素早く対応できます。

メディプラスゲル毛穴

関連記事

目じりのしわを消す!?目立たなくする方法とおすすめ保湿化粧品

10代にぴったりのオールインワンゲルはコレ!

若い女性にはオールインワンゲルは不向き?

肌がカサカサ!乾燥にはヒアルロン酸が効果的?その働きは?

50代におすすめのオールインワンゲル 年齢肌をしっかり保湿ケア

60代におすすめ!オールインワンゲルランキング しわたるみ予防に